防弾少年団が初登場1位、約6年ぶり3組目の快挙達成
先週来日を果たし「スッキリ!!」「めざましテレビ」での生出演が記憶に新しい防弾少年団(BTS)。 5月10日にリリースしたユニバーサルミュージック移籍第一弾シングル『血、汗、涙』が、海外アーティストとして今年度最⾼の週間売上枚数となる23.9万枚を発売初週に売り上げ、今週発表の最新5/22付オリコン週間シングルランキング(集計期間:5/8〜5/14)で初登場1位を獲得した。 防弾少年団のシングル1位は、海外ヒップホップアーティスト初の達成となった『FOR YOU』(日本4thシングル:2015年6月発売)以来、通算2作目。また、海外ヒップホップアーティストによるシングル週間売上20万枚突破は初【※1】となり、海外アーティスト全てで⾒ても、東⽅神起の『Why?(Keep Your Head Down)』(最高1位:2011年1月発売)が2011/2/7付で23.1万枚を売り上げて以来、6年3ヵ月ぶり、3組目【※2】の快挙となった。 さらに防弾少年団は、『NO MORE DREAM -Japanese Ver.-』(2014年6月発売:最高8位)での日本デビューから2年11ヵ月で週間売上20万枚超えを記録。海外アーティストとしては歴代最速の達成となった。上昇気流に乗る防弾少年団は、今年2月の韓国・ソウル公演を⽪切りに7月初旬まで、日本を含めた10の国と地域32公演で約40万⼈を動員するワールドツアーを敢⾏中。今回のシングル1位獲得により、成功に向けて大きく弾みをつけた。 【※1】2001/4/30付のジャンル分け実施以降を対象。 【※2】そのほか、マライア・キャリーが『恋⼈たちのクリスマス』(1995/1/2付:22.1万枚)で達成。また東⽅神起は『BREAK OUT!』でも達成(2010/2/8付:25.6万万枚) <防弾少年団メンバー コメント> 日本での7枚目シングル『血、汗、涙』がオリコンのウィークリーシングルランキング1位を獲得できたのは、いつも応援してくださるA.R.M.Y(ファンの総称)の皆さんのおかげです!これからもっと頑張って活動していきます。日本ツアーも近づいてきましたので、楽しみにしていてください。本当にありがとうございます。