T.M.Revolution 20周年ライブに水樹奈々が登場、封印時代の楽曲も披露
「せっかくみんなが来てくれるんだから、あれも食べたそうだった、これも飲みたそうだったな、といろいろ詰め込んだらひどいことになりました(笑)」と西川が話したように、昨年5月13日にデビュー20周年を迎えたT.M.Revolutionが、その20周年イヤーの締めくくりとなるライブ「T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -20th Anniversary FINAL-」を、2017年5月13日、14日の2日間、埼玉県・さいたまスーパーアリーナで開催した。大勢のファンが詰めかけ、2日間で合計26,000人を動員した。 正面ステージの他に、アリーナ席の中央に十字の花道がセットされた会場で行われたライブには、様々なサプライズが用意されていた。オープニングで西川と共に登場したのは、スペシャルゲストの水樹奈々。2013年に「T.M.Revolution×水樹奈々」名義でリリースした『Preserved Roses』と、「水樹奈々×T.M.Revolution」名義の『革命デュアリズム』を二人で熱唱。客席は、思いがけぬ水樹の出演に歓喜で沸いた。 さらに、1999年~2000年にT.M.Revolutionを封印して「the end of genesis T.M.R. evolution turbo type D」として活動していた時代のシングル『陽炎 -KAGEROH-』『月虹 -GEKKOH-』『雪幻 -winter dust-』を、およそ6年ぶりに披露。弦楽器のアンサンブルを従え、『陽炎 -KAGEROH-』は炎のそばで、『月虹 -GEKKOH-』は月光を思わせるスモークの中で、そして、頭上から雪が舞い降りる中で『雪幻 -winter dust-』を歌う西川の姿に、客席で涙をぬぐうファンも多く見られた。 『WHITE BREATH』『HIGH PRESSURE』『HOT LIMIT』などのナンバーはダンサブルなアレンジでイメージチェンジ。西川は8名の女性ダンサーを引き連れ、本格的なダンスを見せた。 また、花道中央のステージがせり上がって回転したり、西川がクレーンの先についたお立ち台に乗って客席の上を歌いながら移動したりと、大掛かりなステージセットで客席を驚かせた。 西川は「20周年。20年といったら、生まれたばかりの子が成人するんですよ。自分が二十歳の時は、なんとか一旗あげたくて大阪から東京に出てきて、狭いアパートで、なけなしのお金しかなくて、ロクなものしか食べてなかった」とデビュー前の様子をポツリ。「(デビュー当時は)20年後にこうして素晴らしい時間を迎えられるなんて思っていなかった。『自分はここにいる』と、大きな声を出して歌うことしかできなかった」と話した。そしてここまでの20年を振り返り、「穏やかな時はなかった、そんな航海でした。悔しいこと、腹の立つことばかりだった気がする。でも時折こんな最高の瞬間を味わわせてもらったらやめられない。みんなのおかげです」と想いを伝え、「ありがとう」「最高です」と何度もファンへ感謝の気持ちを口にした。 近年は各方面でその肉体美が話題になっている西川だが、花道を何十メートルも走りながら歌っているのに息切れひとつなし。本人は「なぜ日頃から僕が身体を鍛えているのか。それはみんなに最高のパフォーマンスと最高の歌をお届けするためだと、証明されたんじゃないかと思います」と笑った。 他にもアニメ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」のエンディングテーマ『HEART OF SWORD ~夜明け前~』、本人出演のCMソングにもなった『WILD RUSH』、アニメ「戦国BASARA弐」のオープニングテーマ『SWORD SUMMIT』などのヒットナンバーをはじめ、近年のシングルからはゲーム「戦国BASARA4 皇」のオープニングテーマ『DOUBLE-DEAL』、日本・台湾共同制作によるテレビ人形劇「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」の主題歌『RAIMEI』など、20年の歴史を彩ってきた曲たちを次々にプレイ。アンコールを含め全26曲、T.M.Revolutionを様々な角度から魅せる、たっぷり3時間のステージとなった。 この模様はMUSIC ON! TVにて、「T.M.R. LIVE REVOLUTION’17 -20th Anniversary FINAL-」6/18(日) 21:00~24:00 に放送される。 また、西川貴教は9/23(土)に京響プレミアム 大島こうすけ交響組曲『Life』(仮)にヴォーカリストとしてゲスト出演することも発表された。