AKB48「次の女子アナ候補」が意外な結果に
AKB48グループメンバーが出演するバラエティー番組「AKBINGO!」(日本テレビ)。5月9日放送では元SKE48の柴田阿弥が有名女子アナが多数所属するセントフォースに所属し、中村麻里子が地方局の女子アナになるなどAKB48グループから女子アナが排出されるようになった中で、現役メンバーから次の女子アナ候補を探す企画が行われた。 まずは自己PR審査が行われ、実際に日テレの馬場アナがチェック。高橋朱里、込山榛香が挑戦。二人ともに合格とならなかったが、なぜか雛壇のチーム8小田えりなから「語尾が上がっていた」という指摘に馬場アナから「玄人の見方ですね」と太鼓判が。 続いて谷口めぐ、樋渡結依が挑戦。なぜか谷口は並々ならぬZIP!への愛を語り笑いを誘う。樋渡は、すでに女子アナとして「お天気お姉さんをやって、バラエティ番組のアシスタントをやって、その次にクイズ番組の司会をやって最後に夕方のニュースキャスターになる」というプランまで妄想しているという。馬場アナにも「わたし安定を取りたいので、収入が…」とコメント。意外にも樋渡には「いいね」が付き「水卜アナのように応援したくなる」と話す。小栗有以は早口言葉に挑戦するが言えない、という可愛いおっちょこちょいキャラアピール、太田奈緒は容赦なく変顔がいつでも出来るアピール。これにはまたも小田えりなが、早口言葉を永遠に言えると特技を披露して、これもまた好印象。意外にも、今回挑戦せずにひな壇に座っていた小田えりなが最も高評価を得る形に。 入山杏奈、伊豆田莉奈が挑戦。伊豆田はなぜかお尻のアピールをして即刻残念。入山は、On-offの切り替えがスゴイといいねを受ける。最後は、岡田奈々、小嶋真子が挑戦。岡田は声がいいといいね、小嶋も総評でいいねを受ける高評価を受ける。後半は、現場レポートを実際に行いテーマは「サッカー日本代表の試合後に盛り上がる渋谷でのレポート」。小栗有以は異様なテンションに引っ張られてしまう。谷口もうまく乗り切ることができなかった。写真(C)AKS