GEM新曲初披露 ヘドバン必至の熱狂夏チューン
エイベックスのアイドルグループGEM(ジェム)の、「GEM YUMENO TSUBOMI ~追加笑歩~」が、5月6日にダイアモンドホール(愛知県)にて行われた。 今回のライブは、初となる全国ツアーの追加公演で、ゲストとして、1部にGEMメンバーの伊藤千咲美(ちさみ)の妹で「チームしゃちほこ」の伊藤千由李(ちゆり)、2部に開催地愛知県を中心に活動している「7☆3」(シチサン)、GEMメンバーの金澤有希の先輩で元AKB48の森あんながサプライズゲストで参加した。 1部公演は『We’re GEM!』でスタート。全国ツアーと並行して行われた全国対バンツアーで地元のアイドルと様々なパフォーマンスを繰り広げていたGEMが、「これが私たちGEMだ!」と主張するような力強いパフォーマンスで幕を切った。アッパーな楽曲『Fine! ~fly for the future~』『Baby, Love me!』などが続き、GEMの代表曲『Do you Believe?』が始まると、純白の衣装に身を包んだGEMの中から、”黄一点”、サビで伊藤千由李が登場。伊藤千由李がGEMとともに『Do you Believe?』を熱唱し会場を沸かせると、今度は伊藤千由李がGEMメンバーにリクエストする形で、チームしゃちほこの楽曲『首都移転計画』を披露。さらに、姉の伊藤千咲美が名古屋の研修生時代から歌ってきた『きっと For You!』を伊藤千由李と二人でパフォーマンスし、ファンは固唾を飲んで歌声に聴き入っていた。 会場は勢いをそのままに、”小悪魔ダンス”としてSNSを賑わせた『Sugar Baby』や、『Star Shine Story』などのシングル曲をパフォーマンスし、最後は、ツアーのタイトルにもなっている『夢の蕾』を歌唱し、ステージに幕を下ろした。 メンバーがステージを去った後の興奮冷めやらぬまま、会場内に鳴り響く「G・E・M」のアンコール。ボルテージMAXの観客からのアンコールで登場したのは、新衣装を纏ったGEMであった。新曲『キミと僕。』をアンコールにて初披露。今までのGEMにはない、”ヘドバン”する激しい楽曲で、会場にいたファンは新しいGEMの姿に熱狂の中、公演を終えた。 6月12日(月) には、新宿BLAZEで結成4周年公演「GEM 4th Anniversary Live ~YUMENO TSUBOMI~」が行われる。この公演では、どのような「GEM」が見れるのか、目が離せない。