芳根京子「1年間、全てを根こそぎ持っていかれた」1st写真集は「ネコソガレ」
長谷川博己が主演を務めるTBS系日曜劇場「小さな巨人」(毎週日曜よる9時~)。絶賛出演中の芳根京子が8日、自身のアメブロを更新。自身初となる1st写真集「ネコソガレ」(太田出版、3,218円)が6月14日に発売されることを発表した。 『1st写真集「ネコソガレ」』と題して更新されたアメブロでは、「6月14日(水)に初めての写真集「ネコソガレ」が発売決定致しました!(^^)」とファンへ報告。制作は1年近く前から始め、19歳から20歳を迎えるまで毎日チェキも撮り続けていたという。 「ほんとにほんとに19歳から20歳になるまでの1年間が全て詰まっています。」とアピールし、タイトル「ネコソガレ」については、「この1年間、全てを根こそぎ持っていかれた。という意味」と造語であることも明かした。 チェキ以外にも、「文章も盛りだくさんです。朝ドラのこと。お仕事のこと。プライベートのこと。わたしのインタビュー以外にも、わたしが作文書いたり、私の母のインタビューもあるんだ。笑」なども盛りこまれており、「こんな写真集見たことない!っていう1つの作品を作りたくて、沢山相談して、作りました。」と、初の写真集にかける想いも綴られている。 写真集の撮影は、芳根京子が主演をつとめ、2016年度後期に放送され好評を博したNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」の撮影で暮らした大阪、ロケ地の淡路島、神戸や、東京、北海道で敢行。「たくさんの方に見ていただけたらいいな。オフショットちらりちらりしちゃいますね。予約も開始していますので、こちらからよろしくお願いします(^^)」とファンへメッセージを送り、オフショットも公開した。 アメブロの最後には、1年前に言った「大切な物なくした!」とは、「チェキ」だったことも明かし、「たくさんコメント来てたんだけど無視してごめんね。でも。さ?ね?1年間言えないでしょ?笑」とお茶目な芳根京子も見せてくれた。