「天使降臨」まねきケチャ松下玲緒菜 週プレ初グラビアで初表紙の快挙
「週刊プレイボーイ21号」(5月8日発売・集英社)の表紙に、先頃メジャーデビューを発表した期待の新進アイドルユニット「まねきケチャ」のセンター松下玲緒菜が、初グラビア・初水着にして「週プレ」初表紙の快挙を成し遂げた。 撮影は「田舎に帰省した高校生」というテーマで、セーラー服、王道の白ビキニ、ユニットにおける彼女の担当カラーである赤いビキニなど、沖縄のビーチやプールなどで8ポーズを撮影。ルックス、雰囲気、キャラクター、そのすべてがアイドルをやるために生まれてきたような”ナチュラルボーンアイドル”松下玲緒菜の、17歳の最後の数日間を切り取った。 また今週号の付録として、販売されていない「幻の新曲」音源を収録した楽曲CDが付く。DVDではなくCDを付録につけるというのは「週刊プレイボーイ」50年の歴史の中でも初。おそらく、数ある週刊誌の歴史をひもといても初の試みだ。市場に出回っていない「幻の新曲」。現在のところ手に入れる方法はこの付録をゲットするのみだ。 ドキドキの撮影を終えた松下は「初グラビアでしたが、特に恥ずかしさは感じませんでした。普段のライブのときにも、楽屋でスタッフさんたちがいても気にせず着替えるクセがあるので……(笑)沖縄にも初めて行ったんですが、あんなにきれいな海を見たことがなかったので朝イチの撮影から一気にテンションが上がっちゃいました!」と大物感たっぷりのコメント。ひと目見ただけで”可愛い!””天使!”と思ったグラビアファンも多いだろう。若葉の季節に舞い降りたアイドルは、グラビアで大きな花を咲かせるのでは?松下の笑顔とフレッシュボディに胸の高まりが収まらない。 ⓒ古谷完/週刊プレイボーイ 週プレ公式!デジタルコンテンツサイト 週プレ グラジャパ!はこちらへ