川崎あや より過激にノーブラ多め ”くびれ”は絶景

167cmの長身が織りなす絶景のくびれでファンを魅了し続ける。男性の保護本能を刺激する可憐なフェイスも人気のひとつだが、なんといっても53cmというウェストからむっちりヒップに掛けてのライン”あやカーブ”は絶品。この程発売された新作DVDのタイトルもズバリ『愛しのあやカーブ』(ラインコミュニケーションズ)だ。

IMG_8369

川崎には珍しい真っ赤なビキニで登場。胸元に唇があしらわれ、セクシーなデザインだ。今作の川崎はCAの設定。「フライトとフライトの間に彼とイチャイチャしています」とにっこり。お気に入りは初めて着たというレオタード。「体硬いんですけど、柔らかそうに見えます」と笑い、セクシーなシーンには「どっちかなあ」と迷う。「黒のワンピース水着か、ノーブラで毛皮か…夜のベッドのシーンが毛皮なので、こっちがセクシーかな」とコメント。さらにキャミソールからおっぱいが見えていそうな過激なカットもあるのだが、「これはノーブラですね。横乳がもっと見えるはずなんですけどねえ(笑)、(横乳)ないなあって。ほかのカットも見せていただいて、本来は横乳がはみ出すはずなんですけど、あれ?なんかつぶれちゃってるって(笑)。”見えてる”じゃなくて”何も見えない”っていうね。」と自虐していた。

今作は今までになく過激な衣装が多め。「表紙の水着も、衣装合わせの時にNGにしようかって悩んだくらい際どいです。」とアピールした。

「週プレ」で発表された最新の「グラドルくびれ番付」では西の横綱に輝いた川崎だが、東の横綱となった鈴木ふみ奈に関して、「東の方が上なんですよね?まだまだ越えられないなって思いました。おっぱいもあっておしりも立派で、ちょっと敵わないんじゃないかなって思います。くびれで負けちゃったらどうしようもないので、いつかは東の横綱になりたいです」と鈴木に敬意を払いながらも、虎視眈々と狙っているようだ。