カネロ・アルバレスvsチャベス・ジュニア、メキシコの2大スター激突

メキシコの2大スター、アルバレスとチャベス・ジュニアがラスベガスでついに激突をする。約2万枚のチケットが発売から即完売したファン必見の「メキシコ史上最大の決戦」が放送となる。

d1355-3701-831361-0
WOWOW「エキサイトマッチ~世界プロボクシング」にて、WBO世界スーパーウェルター級チャンピオン、サウル・カネロ・アルバレスと、元WBC世界ミドル級チャンピオン、フリオ・セサール・チャベス・ジュニアの強豪同士が激突する試合を生中継で放送。

この試合はアメリカのラスベガスで開催されるものの、両者ともメキシコ人とあって「メキシコ史上最大の決戦」との呼び声が高い一戦。アメリカといえば世界最大のボクシング大国だが、そのアメリカのボクシング界は今やメキシコ人やメキシコ系アメリカ人が支えていると言っても過言ではない。それだけに、約2万枚のチケットが発売から程なく完売するなど、メキシコの2大スターの共演は世界的な話題となっている。

大会当日の5月6日(現地)はメキシコ人にとって自らのアイデンティティーを再確認する祝日「シンコ・デ・マヨ」の翌日。このドリームマッチは、母国メキシコを意識した「お祭り」ともいえる。2階級制覇を達成し、現在もWBO世界スーパーウェルター級のベルトを持つサウル・カネロ・アルバレスは、いま世界で最も人気の高いボクサーのひとりだ。プロになって以降50試合中48勝1敗1分けという驚異の勝率を誇り、パワフルな連打と一発で相手を沈める破壊力が持ち味。

一方、フリオ・セサール・チャベス・ジュニアは、父のフリオ・セサール・チャベスもメキシコを代表するボクサーだったこともあり、メキシコ国民からの人気が極めて高い。得意とする左フックをはじめ、180センチ超の長身から繰り出されるパンチは対戦相手にとって脅威だ。今回はキャッチウェイトで、ミドル級とスーパーミドル級の中間となる164.5ポンド(74.6キロ)契約。普段スーパーウェルター級のアルバレスに対してチャベス・ジュニアはそれより2階級重たいスーパーミドル級のため、アルバレスが体格の差をどう克服するのかもこの試合の見どころの一つとなる。