中川翔子、父の享年を越えて「生まれ変わった」決意のバースデーライブ
2017年5月3日、Zepp DiverCity Tokyoにて、中川翔子のレベル32(32歳)のバースデーライブ「Shoko Nakagawa Birthday Live 2017 ~Reborn~」が開催された。 去年に引き続きチケットが即完売した本公演、父・中川勝彦氏の享年と同じ年齢を迎える彼女の誕生日を祝うべく、会場には昼・夜2公演で計2,200名ものファンが集まった。 ライブがスタートし、待ちわびたファンの歓声が会場に響くと、ライブ序盤では、11年連続出演が決定した「ポケモンシリーズ」の劇場版主題歌にもなった『心のアンテナ』や、ディズニー映画「ラプンツェル」の続編テレビシリーズ「ラプンツェル あたらしい冒険」のオープニング曲『Wind in my hair(髪に風うけて)』も歌唱し、 2017年、声優としても活躍する中川に期待が持てるセットリストとなった。 そして、毎年恒例となっている彼女のバースデーライブ、今年のコンセプトは「Reborn」。父である勝彦氏が亡くなった32歳という彼女にとって節目の年齢を迎え、新たに「生まれ変わる」という決意が込められた。ライブ中盤では、改めて32歳を迎えるにあたり 「『calling location』の歌詞の中にも、“いつか あの日の君を追い越してしまった後も”と出てきますが、、ついに“いつか”と思っていた、私の父がいなくなってしまった32歳という年齢に差し掛かります。」と語ると、歌ってみたかったという父・勝彦氏の楽曲『プリーズ・アンダー・スタンド・ミー』を熱唱した。 ステージに立つ中川の隣には、スポットライトに照らされた誰も座っていない椅子が置かれ、まるで、父・勝彦氏がそこに座って、娘の歌声に耳を傾けているかのような演出。父への想いを中川自ら作詞した楽曲『RAY OF LIGHT』を披露し、まさに“Reborn”の決意を込めた彼女の歌声に会場のファンは酔いしれた。 そして本編最後は、歌手・中川翔子の代名詞でもある、アニメ『グレンラガン』主題歌のコーナーへ。「“アニメソングを歌いたい”という私の夢を叶えてくれたアニメです!」と熱い思いを伝えると、代表曲『空色デイズ』など続けて4曲を披露し、ステージをあとにした。 さらにアンコールでは、中川の顔をかたどったバースデーケーキが登場。最後にバースデーソング『make a wish ▽』をファンと一緒に歌い、今年のバースデーライブを締めくくった。