乃木坂46「バイトル」新CMのかわいい制服姿に胸キュン

日本最大級のアルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」の新イメージキャラクターを起用され、メンバーが出演する「バイトル」新CM第1弾として、「アプリダンス」篇と「かわいい制服」篇の2篇を、2017年5月8日(月)より全国で放映開始する。

d2302-258-224803-5

新CMには、の6名が出演。アルバイトを探すユーザーにアルバイト探しに便利な『バイトルアプリ』を知ってもらうため、「アプリダンス」篇ではキレキレのダンスを披露し、『バイトルアプリ』が作られていく様子を表現している。また、アルバイトを探す際に制服が事前にチェックできることをわかりやすく伝える「かわいい制服」篇では、6名がそれぞれアルバイトの制服を着たマネキンになりきっている。2篇で“動”と“静”を見事に演じきった新イメージキャラクター・の魅力を通して、「バイトル」の魅力を伝えていく。

なお、本CMの本編映像は5月2日(火)よりバイトルキャンペーンページにて閲覧可能だ。(※メイキング映像も)

CM撮影は、の新曲『インフルエンサー』のバイトルCMオリジナルバージョンのダンスのシーンからスタート。撮影前や合間にも常に練習していた成果か、撮影でも息がピッタリ。「キレのあるダンスで、顔の表情は柔らかく」という難しいオーダーも難なくこなし、順調に撮影は進んだ。ところが、最後の白石と西野が『バイトルアプリ』にキスをするシーンになると、ポーズを取りながらキスするのが難しく、このシーンだけ何度も何度もテイクを重ね、後のインタビューの際にも他のメンバーに突っ込まれるほど。ダンスはキレキレに決められたが、キスには悪戦苦闘の様子だった。

ダンスシーンのシックな衣装とは打って変わって、それぞれ別々のアルバイト制服に着替えた6人が揃うと、スタッフからは自然に「かわいい~」の声が。白石はバーテンダー、西野はシェフ、堀はガソリンスタンド店員、若月は医療スタッフ、松村は受付嬢、高山はホテルスタッフの制服を着こなしていた。まばたきすら出来ないマネキンになりきった6人。無表情のまま会話するという、これまた難易度の高い演技に挑戦。見ているスタッフが思わず息を止めてしまうほど。高山の口をほとんど動かさずにセリフを言う演技に、「腹話術みたい!」と隣で見ていた松村さんはビックリ。監督に「口はちゃんと動かして」と 言われ、ちょっと照れ笑いする高山さんのお茶目な一面も見られた。