「フランケンシュタインの恋」怪物生み出した博士の正体は斎藤工
怪物・綾野剛の愛おしさと切なさ、ヒロイン・二階堂ふみの可愛らしさ、柳楽優弥、川栄李奈、新井浩文、光石研、柄本明など、豪華な顔ぶれなど、様々なシーンで話題を呼んでいる、年の差100歳のラブストーリー「フランケンシュタインの恋」 (日本テレビ) これまで怪物は「深志研太郎」なる医学博士の手によって生み出されたことまでは語られているが、「なぜ生み出されたのか」そして、「その研太郎を一体誰が演じているのか」は、一切明らかにされていなかった。その正体が、今現在放送中の第2話にて、斎藤工であることが明らかになった。 斎藤工が日本テレビドラマに出演するのは、2016年1月期ドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」以来。ドラマタイトルにある“フランケンシュタイン”は、怪物を生み出した博士の名前であることから、放送前より、「“フランケンシュタインの恋”ってことは博士の恋なのか?」「怪物の物語だから“怪物の恋”では??」 など、様々な憶測と反響を呼んでいたが、その正体が 、フランケンシュタイン博士=深志研太郎博士=斎藤工であることが明らかとなった。しかし、果たしてなぜ、どうやって研太郎は怪物を生み出したのか? 最も哀しき謎は、これからの物語で明らかになっていく・・・。 ⓒNTV