吉高由里子 イメージを覆す『ユリゴコロ』のティザービジュアル解禁
主演に吉高由里子を迎え、2012年大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートをはたし、出版業界の事件と呼ばれる“まほかるブーム”を巻き起こした、沼田まほかるベストセラー原作の映画化『ユリゴコロ』が9月23日(土)より公開となる。 先日、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶に加え木村多江、そして、松山ケンイチと、人気・実力を兼ね備えた豪華俳優陣の出演が発表されたが、この度、本作のティザービジュアル、そして特報映像が解禁となった。 ティザービジュアルには、主演・吉高由里子の快活なイメージを覆す、大罪を背負い、宿命に囚われたキャラクターの美しくも儚い表情を浮かべた姿が。「人殺しの私を、愛してくれる人がいた。」というコピーからは、異常なシチュエーションでの愛の物語を想起させる。そして、 “いのちの拠りどころ”である“ユリゴコロ”が、主人公・美紗子をはじめとする登場人物たちにもたらす運命とは。 また、特報映像で描かれるのは、「人殺しが、人から愛されてもいいのだろうか。」というショッキングな冒頭から始まり、とある一家で見つかったノートに記された、断片的な記憶が映し出されていく。吉高由里子演じる美紗子と松山ケンイチ演じる洋介との出会い。無表情で何かを振り下ろす美紗子。「あなたの優しさには、容赦がありませんでした。」という、映像内で唯一発せられる台詞とともに涙する二人。果たして、このセリフが意味するものとは―。この度公開された映像は、昨年9月〜10月に撮影が行われた、<過去パート>のみで構成されている。松坂桃李、木村多江、清野菜名らが本年6月下旬から撮影に入る、ノートに秘められた一家の秘密へ迫る<現在パート>がどのような形で加わるのか、続報に期待がかかる。 ■映画『ユリゴコロ』吉高由里子、松坂桃李 / 松山ケンイチ 佐津川愛美、清野菜名、清原果耶 / 木村多江 原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫) 脚本・監督:熊澤尚人企画・製作幹事:日活 制作プロダクション:ジャンゴフィルム 製作:「ユリゴコロ」製作委員会 配給:東映/日活 (C)沼田まほかる/双葉社 (C)2017「ユリゴコロ」製作委員会