松井玲奈「M-1グランプリで笑えない!?」笑う招き猫の舞台裏を明かす
SKE48卒業からまもなく2 年。清水富美加とのW主演が話題の映画「笑う招き猫」で漫才師役に挑んだ松井玲奈の撮り下ろし、監督対談が「FLASHスペシャルGW号」(光文社刊)で掲載された。アカコ役で金髪の女芸人を演じた映画「笑う招き猫」の舞台裏を「荒川アンダー ザ ブリッジ」などで知られる飯塚健監督との対談で明かす。 ―アカコはとても気性の激しい女漫才師ですね。ふだんの松井さんとはまったく違うキャラクターじゃないですか? 松井 はい(笑)。でも金髪が意外なほどしっくりきていたので、楽しかったです。どこかクセのあるアカコの内面は、原作小説やいろんな漫才師さんを参考にして作っていったんですが、撮影が始まって少したったころ、監督から「すげー浅いんだよ」って言われてしまって…。 飯塚 全然、覚えてない(笑)。 松井 富美加ちゃんからも、同じ日に監督から言われたって聞きましたよ! 飯塚 これ、どういう気持ちでやってんの?とは聞いた気がするけど。 松井 ちょうどそのとき、劇中に登場するアカコの履歴書を私が直筆で書いていたので、どういう人間なんだろう、どうして漫才師になりたいと思ったんだろうって、あらためて考え直しました。 ―漫才の練習は大変でしたか。 松井 私、漫才にはあまり馴染みがなかったんです。でも富美加ちゃんと練習を重ねたり、劇場に行って勉強したりして、なんとか形になりました。そのせいか、「M-1グランプリ」で今までみたいに笑えなくなってしまって。あの芸人さん緊張してるなーとか、今ぜったい言葉が詰まっちゃったやつだ! とか考えちゃうんですよ。そういう感覚は味わったことがなかったので、おもしろかったですね。 飯塚 漫才のシーンって、じつは映像演出的にはすることがほとんどないんですね。松井と清水がやってくれていることを、そのまま撮るというか。そのぶん、2人は大変だったと思いますけど。 ―お2人の漫才はプロ顔負けでした。芸人をやってみたいと思いますか? 松井 人を笑わせるのっていちばん難しいと思うんです。泣かせるほうがまだ…。 飯塚 ハードル低いよね。単純に、泣かせたいなら難病か犬か(笑)。人間、泣きのツボは年を取るほど同じものに収束していくと思うんですが、笑いのツボはどんどん広がっていきますから。実際、被災者に観てもらえるのは、涙じゃなくて笑いだと思うんです。そういう意味で、人を笑わせられる芸人さんって、本当にすごい存在です。 松井 だから、「芸人をやりたい」なんて口が裂けても言えないです! ―ラストの漫才は特に圧巻でした。 飯塚 あのシーンは、とにかく気がすむまでやろうってことで、10回線くらいはカメラ回しました。待ち時間の間もずっと練習してたよね。 松井 最終日の撮影だと聞いていたので、富美加ちゃんと「クランクインの日から撮影日まで一日5回ずつ練習したら、絶対できるようになる!」って励まし合って。撮影の合間に、どちらかが「はい、どーも!」って言い出したら、突然ネタがスタートする取り決めでした。 ―清水さんとは今回初対面とのことですが、女優としての印象は。 松井 女優さんというより、ずっと「相方」として接してました。ただ、お互いコミュニケーション能力に難ありで(笑)、最初は距離を測りつつ、探り合いでしたね。結果的にウマが合う人だったので安心しましたけど、もしかして私に合わせてくれてたのかも。富美加ちゃんといるときは、常にお互いの言葉を拾って何か返して、果てしなく話を広げていく―みたいなことを心がけてました。そうすることで、2人の間に自然に生まれるコンビの空気感みたいなものを作っていけたと思います。 その他のグラビア、インタビューの続きは「FLASHスペシャルGW号」で。 その他のグラビア、インタビューの続きは「FLASHスペシャルGW号」で。クリックで最強のアイドル誌購入へ