乃木坂46衛藤美彩のおしり、目を潤ませて絶賛したメンバーとは

の”綺麗なおねえさん”、”みさみさ”ことの写真集「話を聞こうか。」(講談社)が4月25日に発売され、当日に「出版記念お渡し会」が新宿で行われた。

透き通ったブラウンの瞳が印象的な、美形揃いのメンバーの中でも、面倒見の良い美人のおねえさん的存在で、”みさ先輩”とも呼ばれ慕われている衛藤。今作は全編シドニーロケを敢行。時に気楽に、時に可愛く、時に大胆に衛藤の魅力溢れる一冊となっている。「以前から興味のあったオーストラリアで撮れることになって、わくわくしながらも本当にリラックスして撮影ができました。」という。

IMG_7996

現地の天候は優れなかったものの、撮影となると不思議と雲が晴れたそうだ。秋元真夏はニューカレドニアで、ほとんど雨だったという話を記者から聞いた衛藤は「そうなんですか!?名前は”真夏”なのに」と笑っていた。

今回の写真集は、美しく成長した水着姿や、健康的でセクシーなランジェリー姿も解禁、さらにバスタイムまで見せている。「ミスヤングマガジン2011」グランプリ受賞歴もある、さすがのフォトジェニックぶりは見るものを釘付けにする。「ランジェリーはコットンの素材でできていてすごく可愛いもので、私も買いたいと思ったくらいです。メンバーの齋藤飛鳥ちゃんも、すごいお気に入りだと言ってくれたシーンなので、未成年の方でも見ていただけます。」とコメントした。

お気に入りのショットは、形の良いおしりを披露したバックショットをチョイス「自分でもお気に入りなんですが、メンバーの新内眞衣ちゃんが、目を潤ませながら”これは最高だ!”と言ってくれまして、女性にそう言ってもらえたのが嬉しくて、これはいいですね(笑)。ニットがギリギリのラインだったので、自分で”めくってみよっかな”ってやりました。」とはにかんだ。また「私は松村沙友理ちゃんのおしりが安心感があって好きなんですけど、まだ世に出ていないので、今は私のおしりが一番でいさせてください。」と話した。

メンバー恒例の、写真集の自己採点だが、白石麻衣が1兆点と付けてから、どんどん上がり、前回の桜井玲香は11兆点と採点していたが、衛藤は「んーと、33兆点でお願いします!」と一気に飛躍。「名前が”みさ”なので3・3で33兆点です。」と笑顔で応えた。

「今回の写真集は、他のどのメンバーより楽しかった自信があります(笑)。期待されてそうなセクシーさだけでなく、自然体で無邪気にお酒を飲んで”いひひ顔”をしているところとか(笑)、健康的なところまで、いろんな私を見てもらえたらと思います。」とアピールした。