Jin-MachineワンマンツアーFINAL 地元仙台で大暴れ

自称”日本一面白いヴィジュアル系バンド”として新ジャンル”プログレッシヴ・コミック・ロック”を繰り広げる

“12ヶ月連続ワンマンミサツアー「おげれつ戦国ハナクソ無双」”のツアーファイナル公演が、彼らの地元・仙台darwinで4月15日に開催された。2016年~2017年の1年間に全国12都市で音楽と笑いを届けてきたワンマンミサツアーの集大成を目に焼き付けようと、会場は多くの平民(ファン)で埋めつくされた。

IMG_6482

今か今かと平民の期待が高まる中、フロアの照明が静かに落ちてミサ(はライブのことをミサと呼ぶ)の幕が上がった。ファイナル仕様となるSEが鳴り響き、メンバーが一人ずつ登場。この日のために用意された衣装は“キラキラバンド”をテーマにしたMC担当のfeaturing16(以下 16)のコーディネートによるもの。ド派手な衣装を身にまとったメンバーに大きな歓声が上がった。

16:「仙台!帰ってきたぜー!」
平民:「おかえりー!」
16:「いやいや、昨日もいたから!(笑)」

開口一番、16のジンマらしいボケを入れたやり取りで平民のテンションは一気にあがる。期待高まる1曲目は『シャンゴリラ』。マジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもり(以下 ひもり)の鋭いギターリフにベース&ドラムのリズム隊がたたみかけてくる。手を上げてジャンプする平民、加速度を増すビート感!フロアは一気にパーティー会場と化していく。

テンションが上がった2曲目には久々の披露となった『RA・RA・RA 楽園イーグルス』。続いての楽曲は3月にリリースしたばかりのシングル曲『がんばれ!桜、アディオス』。先日放送されたBSスカパー「FULL CHORUS♪」などでも大絶賛を受けているが提唱する新ジャンル”プログレッシヴ・コミック・ロック”の最新曲。バンドの曲としては意外すぎる「合唱」から始まるこの曲は、めくるめく展開と卒業式を舞台にした「ボケ」が満載のみんなで盛り上がれるジンマ流の「桜ソング」だ。振り付け動画が公開されたばかりにもかかわらず、平民の一体感は凄まじく、続く「†夏☆大好き、ヴィジュアル系†」『スーパーハッピー』においても平民のポテンシャルの高さが、もはやどちらが演者かわからないレベルまでに達していた。

ひもりがメインボーカルを取り、あっつtheデストロイ(以下 あっつ)がオタ芸を爆発させる、愛するアニメキャラに向けたポップチューン「二次元シンドローム」や、前振りコントありきの楽曲「バンド麺」ではひもり&ルーベラ木村・カエレ(以下 木村)が踊る。暴走族の総長に扮したブッシュドノエル・水月アリッサ(以下 水月)が歌い叫ぶ『チャンプロード』『警察24時』など、バンドにとらわれず様々なジャンルのエンタメを盛り込むことを追求した彼らだからこそ出来る楽曲が繰り広げられていく。

終盤にさしかかり、モッシュ定番曲である『たのしい日本語』、曲中で紙芝居を使い環境問題のテーゼを掲げる『環境デストロイ』。そして、コールアンドレスポンスが楽しい『お野菜天国』。さらに『救声』では、俺たちに最高の景色を見せてくれ!と16が煽り、あっつが吠えるなどメンバーのテンションはMAX。ヴィジュアル系ではおなじみの逆ダイが起こり、平民のテンションも最高潮に。ラストは少しずつでも輝く未来に歩みを進めていきたいという東北の震災からインスパイアされたメッセージソング『FIVE』を演奏し、感動のフィナーレとなった。

「ようやく、仙台darwinでワンマン打つことができました!やりたいこと、ホントできてよかったー!これからもやりたいことやりたいようにやっていきますよ!」という16の決意のこもった言葉は力強かった。アンコール終了後に全国6都市7会場で開催される『 TOUR 2017 kiss-キス-~愛 miss 優~』の情報がスクリーン上に発表され、会場からは大きな歓声と拍手が巻き起こった。

実験的かつ前衛的な音楽と、ならではの笑いを詰め込むバンドスタイルは唯一無二の存在であり、これからも新しい道を開拓していき新しい音楽を作り上げていくのだろう。

3月にシングルと同時発売となった最新アルバム『全日本おもしろ選手権』を引っさげてのツアー『全日本おもしろ選手権ツアー』が今月末から始まる。充実しているミサスケジュールをチェックし、バカ騒ぎだけではない音楽的アプローチが随所に施された圧巻のステージパフォーマンスを体感してみてはいかがだろうか。