GLAYライブツアースタート 3度目となる”Supernova”始まる
全10ヶ所、12公演で行われるGLAYのライブツアー「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2017 -Never Ending Supernova-」が島根県益田市で初日を迎えた。 このライブツアーは2016年1月よりスタートした「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 ”Supernova”」、その追加公演として去年の11月に被災地復興をコンセプトに回った「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016 “Supernova” reprise」の更なる追加公演にあたり、今ツアーを含めた3本のツアーで約1年半、そして全49公演に及ぶロングツアーとなった。 島根県でGLAYがライブを行うのは約11年ぶりともあり、客席は立ち見を含む1,500人の超満員。ライブが始まれば地鳴りの様な歓声が湧き、会場のボルテージはいきなり最高潮に。 ツアーのオープニングを飾ったナンバーは新曲でドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の主題歌となっている『the other end of the globe』。この曲をライブで披露するのは今日が初めてであるが、楽曲の持つ壮大な世界観が会場を包み込んでいった。そこからは新旧織り交ぜたナンバーを演奏。「この曲もGLAYを世に広めてくれた大切な曲です!」とTERUのアコースティックギターからスタートしたのはミリオンヒットのシングル曲『BE WITH YOU』。そして「10年も待たせちゃったからこの曲はやらないとね!」と紹介されたGLAYの代表曲『SOUL LOVE』など様々な名曲を披露して会場を盛り上げた。 ライブ中盤では2017年GLAY最初のニュースともなった「Red Bull Air Race Chiba 2017」のテーマソングなっている『XYZ』。こちらもライブで演奏するのは初となるナンバーだが、大空を高速で駆け巡るが如くスピード感溢れる楽曲ともあり、直ぐに会場全体がヒートアップしていった。最後はJR北海道・北海道新幹線開業イメージソングとなっている『Supernova Express 2016』を披露し、熱い夜は幕を閉じた。 夏には2年半ぶりとなる待望のニューアルバム『SUMMERDELICS』の発売、さらに9月から年末まで続く全23公演23万人を動員する大型アリーナツアー「GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”」の開催も発表しているGLAY。本日のライブは来る夏のアルバムと、そしてその先のツアーへと続く、2017年GLAYの大きな一歩となった。