ピコ太郎 Doleより1年分のパイナップル贈られる
4月11日国際文化会館にてDole パイナップル感謝状授与式が行われた。 受賞したのは昨年より日本音楽界に、ひいては世界に音楽の革新的なムーブメントを巻き起こしているピコ太郎。自身の楽曲『PPAP』で昨年から今年にかけて「パイナップルブーム」の大きなムーブメントを巻き起こし、パイナップルの売上に貢献したとして、Doleから感謝状と365日分の”スウィーティオ”パイナップルが贈られた。 昨年夏、YouTubeで公開した『ペンパイナッポーアッポーペン』が年末に1億再生を超え、「全米ビルボードトップ100に入った世界最短曲」としてギネス世界記録にも登録。今回の受賞にきっかけになった『PPAP』は、紅白出場やグラミー賞、流行語大賞のノミネートや「第22回AMDアワード」のほか、ベルギーでの「HYPE of the Year (今年の流行No.1)」の受賞が話題になった。昨今も世界からのオファーが鳴り止まず、韓国では”パイナップルおじさん”として名前が精通しているという。 また海外での公演ではホテルとスーパーを行き来する生活をしており、スーパーで必ず「Dole」のブランドを目にし、購入しているということを話した。Doleからの感謝の品として、スウィーティオパイナップル一年分が贈られたピコ太郎は「うちには入りませんね。新しい家に変えないと!今日はパイナップルをたくさん勉強して、博士になろうと思っております。」とコメントした。 さらに感謝の返礼として、「いつも以上にパイナップルに愛を込めて歌います。」と山盛りのパイナップルの前で「ペンパイナッポーアッポーペン」を披露し、取材に来た報道陣を沸かせた。 そんな365日分のパイナップルを贈呈されたピコ太郎、会見の同日に自身のゲームアプリをリリースする。ピコ太郎公式ゲームシリーズ第3弾になる今作は、バブルポップパズルゲーム。2つ以上のお同じ色のバブルに同じ色のバブルをぶつけると消えていき、バブルを消していくというゲームになっている。バブルを消して消して消し続ける「エンドレスモード」と、目的のアップルやパイナップルの入ったバブル消していく「パズルモード」の2種類の遊びがあり、ピコ太郎のオリジナルボイスも多数収録されている。 365日分のパイナップルを贈呈されたピコ太郎。ゲーム内では消す!というパイナップルづくしである。今後もピコ太郎の活動に注目していきたい。