話題のライブ・インパクト「進撃の巨人」ついにリヴァイ登場

」初の舞台化となり、その圧巻のスケール感で話題騒然となっている「ライブ・インパクト 」。150名という破格のキャスト数や、ワールドクラスのパフォーマーが彩るステージングがどのようになるのか大きな期待が集まっているが、ついに4月9日(日)正午より公演のチケットが発売となった。

main
チケット発売と併せて、エレン・イェーガー、ミカサ・アッカーマン、アルミン・アルレルト、そしてリヴァイの4名の新たなビジュアルも解禁。デザインが一新され、の壮大な世界観を感じる渾身のビジュアルとなっている。

4名が紅蓮に濡れた刃の間に佇む姿は、ファンの心をくすぐる重厚感ある出来栄えだ。そして中でもひときわ注目を集めるのが、今回初登場したリヴァイ。ファンから圧倒的な支持を受ける人気キャラクターなだけに注目が集まっていたが、この役を演じる遠藤雄弥の鋭い視線は、過酷な世界を生きる兵士の信念の強さを見事に体現している。

さらに、物語に深みをもたせるキャラクター9名の登場が明らかとなった。主人公エレンの挫折と成長の物語に不可欠であるマルコ・ボット、トーマス・ワグナー、ハンネス、カルラ・イェーガー。そして死力を尽くす精鋭兵士であるハンジ・ゾエ、ペトラ・ラル、イアン・ディートリッヒ、リコ・ブレツェンスカ、ミタビ・ヤルナッハ。いずれも個性豊かなキャラクターたちとなる。

三浦宏規 <エレン・イェーガー>
「出演が決まってからは、びっくりしたり、ワクワクしたり、プレッシャーを感じたりと色んな感情が体を駆け巡っています。今現在は55公演のロングランに耐えられる体づくりと、しっかりと原作を読み込むことに専念し、エレンを自分に落としていっている最中です。「」という素敵な作品を汚さぬよう、そしてその名に恥じぬように一生懸命稽古に励んでいきたいと思います!」

佃井皆美 <ミカサ・アッカーマン>
「〝ライブ・インパクト〟という新たなジャンルで、沢山の方から愛されているこの作品の舞台化に参加できることを心から嬉しく思っています。アクション満載のドキドキが止まらない舞台になるんじゃないかと、私自身今からワクワクしています。皆さんに楽しんでいただけるように精一杯頑張ります!アンフィシアターを立体機動で駆け抜ける姿をぜひ観にいらしてください!この夏はぜひ、一緒に熱い夏を過ごしましょう。」

阪本奨悟 <アルミン・アルレルト>
「これから「」という作品、また「アルミン」という役と向き合って、もっと好きになって、もっと愛していきたいと思います。僕なりのアルミンをしっかり出して行きたいと思いますので、是非楽しみにしていて頂きたいです!」

遠藤雄弥 <リヴァイ>
「先日の、ビジュアル撮影の時に、立体機動装置、団員の服に袖を通し、身が引き締まる思いでした。他の共演者の皆さんのビジュアルを拝見して、本当に楽しみで仕方ありません。客席から観ていたいくらいです(笑) 今から、ライブ・インパクト「」という作品がどこまで熟成され、皆さんの目の前に広がるのか、舞浜アンフィシアターで繰り広げられる巨人との戦いを、心臓捧げる覚悟を持った一人一人の勇姿を焼き付けていただいたら幸いです。」