星野源「いのちの車窓から」累計24万部の大ヒットに

KADOKAWAが発行する『いのちの車窓から』が3刷6万部、累計24万部となることが決定した。

sub1
エッセイ集としては12万部という異例の大部数初版で販売がスタートした本書。昨年12月の発売決定の告知後すぐに予約が殺到し、発売前ですでに6万部の重版が決定。発売開始4日目にして7割が売れるという異例の販売スピードの中、市場の要請に応え急遽6万部の3刷、合計24万部が決定した。

オリコン株式会社が毎週発表する「オリコン週間“本”ランキング」では、全国の書店及びWEB通販の週間販売数をもとに、部門別やジャンル別、刊行形態別など様々な面からランキングが構成される中、BOOK(総合)部門のあらゆるタイトルを抑えて総合1位を獲得。しかもこのランキングの集計は月曜日から日曜までの7日間の売り上げを対象としており、3月30日(木)発売である本書では集計対象販売日数は4日間のみ。以下に売れているかがわかる。

その他紀伊國屋書店全店合計(和書部門、3/30~4/4)、TSUTAYA BOOKS(文芸書ランキング、集計期間3/30~4/4)、三省堂書店(文芸・ノンフィクションランキング、3/30~4/5)など大型書店にても続々と販売数1位を獲得している。