金爆・喜矢武豊、乃木坂46若月佑美の「かっこいい座長」発言に大照れ
人気漫画家・高橋留美子原作の代表作「犬夜叉」が、ゴールデンボンバーの喜矢武豊主演で舞台化。 4月6日(木)初日を迎え、一般上演開始前に関係者、報道陣に公開された。事前に行われた囲み取材には、犬夜叉役の主演・喜矢武豊をはじめ、日暮かごめ役の若月佑美(乃木坂46)、殺生丸役・佐奈宏紀、桔梗役の伊藤純奈(乃木坂46)、弥勒役・滝口幸広、奈落役の木村了のキャスト6名が登壇した。 「ふしぎ遊戯」「GOKU」に次ぐ3回目の舞台となる喜矢武は「今回は見た目だけじゃなくって、人間性?ちがうわ妖怪だった(笑)、けっこう心のなかの心情を捉えているので、その辺りを見てほしいと思います」とアピール。また「稽古をアホみたいにやるんですよ(笑)夜遅くまで。疲れちゃうんです。なのでドーピングしながらやってます」と応え、共演者の笑いを誘っていた。 昨秋「嫌われ松子の一生」でW主演を務め、その体当たりな演技に称賛の声が上がった若月は「年齢が22歳で、かごめちゃん15歳ということで、セーラー服を着ることになりまして、乃木坂46のメンバーに”ぎりぎりアウト”じゃないかと言われてたんですが、ビジュアルが発表になったら、”あれ、これイケるね!”と言われたので、それを自信にしつつ、舞台上では15歳っぽい、気持ちの整理がつかない場面だったりとか、感情が行動より先に出るところとかも出して頑張って行こうと思っているので、そこを見ていただけたら。」と抱負を語り、同じく乃木坂46の伊藤純奈は「巫女さんの衣装はすごい憧れてたので嬉しいのと、かごめちゃんとは違う、落ち着いた綺麗で上品なお姉さんな感じを出せるように、仕草とか研究したのでその辺を見ていただけたら。」と笑顔で応えた。 座長として心掛けていることを問われた喜矢武は「それがねえ、特にないんですよ」と彼らしい答えが。「座長という言い方が、ボク的に好きじゃなくて、みんなの中では一番”ぺーぺー”なもので、僕が引っ張るというよりは、主演なのでボクがダメになればダメになるので、とにかくまとめるとうよりは、自分が頑張るという感じですかね。」と話すと、ならばなんと呼ばれたいか?の質問には「リーダー」と即答。「あんまり変わってないじゃん」とツッコまれていた。 しかし若月は「そうは言ってますけど、私たちはすごい喜矢武さんの言葉には救われていて、稽古中も明るい空気にしてくれるのも喜矢武さんだし、昨日も(明日初日なんで)頑張りましょう!って声掛けてくれて、かっこいい座長だなと思いました。」と讃え、喜矢武を照れさせた。 舞台「犬夜叉」は4月6日(木)夜公演から4月15日(土)まで、東京・天王洲銀河劇場で上演される。