GLAY 2年半ぶりのニューアルバムリリースを発表
GLAYが待望のニューアルバムを2年半ぶりにリリースすることが決定した。 『SUMMERDELICS』と題されたアルバムのリリース時期は、その名の通り夏。冬のイメージが強いGLAYにとって初の“夏”アルバムであり、“ロックバンドGLAY”を改めて表現した1枚となっている。 今作には、これまで数々の名曲を生んできたTAKUROを筆頭に、TERU、HISASHI、JIROとメンバー全員が作詞作曲した楽曲を収録。溢れ出る4人の個性を凝縮した、まさに今のGLAYを体現する珠玉のアルバムとなっている。なかでも、近年ロックミュージシャンだけでなく、アイドルや様々なジャンルで活躍するアーティストへの楽曲提供・プロデュースに於いて個性を発揮しているHISASHIが、アルバムの世界をHISASHI色に染め上げる。 TVアニメのテーマソングや北海道新幹線開業イメージソング、バラエティ番組エンディングテーマやTVCMなどのタイアップ曲に加え、「Red Bull Air Race Chiba 2017」大会テーマソングやTVドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の主題歌など、話題のシングル曲、タイアップ曲が満載の超強力アルバム。今から夏が待ち遠しい。 さらに、アルバムの発売決定と同時に2017年秋に全23公演23万人を動員する大型アリーナツアー「GLAY ARENA TOUR 2017“SUMMERDELICS”」の開催も発表。4月からスタートするホールツアー、夏のニューアルバム、そして秋から冬にかけたアリーナツアーと、2017年も走り続けるGLAYから目が離せない。