山本彩、阪神タイガースにエールを送る

が初となるエッセイ本「すべての理由」(幻冬舎)の発売を記念したイベントを新宿福家書店で開催した。

10

「全部をさらけ出した」という内容となり「アイドルというのはキラキラして明るい部分を皆さんに見て頂いている存在だと思うので、その逆について出してみました。特にこれまでそういうことを言葉にしたり文にしたりしたことが無かったので、すごく考えながら書きました」と解説。

は自分にとってどのような存在なのか聞かれると「最近はひとりで仕事をすることも増えてきましたが、改めてに帰った時に、みんながいるだけすごく居心地が良かったり、他にもみんなに助けられたりするので、本当に家庭みたいな感覚です。」と語った。

6月に沖縄県豊崎海浜公園豊崎美らSUNビーチで開催48thシングル選抜総選挙を辞退することが発表された山本だが、「ひとつの理由としては昨年を最後と応援してくれている皆さんに伝えていましたし、その覚悟で望んであの結果をもらえたのが、自分にとってそれ以上にない光栄なことだったので…その約束がありましたので、今年はそのままの気持ちでいたいと思いました。でもギリギリまで総選挙に出ることも悩んだんですけど、中途半端な覚悟で出るとしたら皆さんに期待を押し付けるように感じたので辞退しました。総選挙で「てっぺん」を取りたいとは考えていなくなったんです。違う舞台でも自分をもっと高めたい気持ちになりました」と語った。

総選挙の出馬を決めた指原莉乃については「私と指原さんは人間性が違うので、そもそも戦って比較することは違うと思いました。今まで何度も総選挙で指原さんを見てきましたけど、毎年えげつないなと思っていました。次元の違うところにいると比較しにくいんじゃないかと思います。これからも順位にこだわらない形でグループを良くしていきたいです」と話した。

総選挙を辞退するとグループを卒業するというウワサもあるが「現時点ではそのつもりはありません。私としてはグループとして活動を続けますし、もっと先を見たところで辞退という選択があって、自分を成長させてくれると思っています。これからやってみたいことがあるのでそれを形にしていきたいです。今は何かは言えないですけどね」と明かした。

今年もプロ野球ペナントレースがスタート。山本が愛する阪神タイガースは1勝2敗と負け越しているが「内容としては満足できていないですけど、どんどん実戦を経てパワーアップしてくれると思います」とエールを送った。