「フランケンシュタインの恋」ドラマ前章をアニメーションで公開
日テレ系ドラマ初主演となる綾野剛が、永遠の命をもつ怪物を演じることで話題を呼んでいる、年の差100歳のラブストーリー 、4月期日曜ドラマ「フランケンシュタインの恋」 。 ある「事件」をきっかけに博士によって生み出された怪物。人間とは暮らすことのできない怪物が、森の中で過ごした孤独な120年の日をアニメーション化。ドラマの前章を、アニメーションで公開するのは日テレ史上初の試みとなる。 アニメーションを手掛けたのは、2009年に「アニマルダンス」で文化庁メディア芸術祭で奨励賞受賞、「空の卵」(2012)では、シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にてロッテライニガープロモーションアワードを受賞。近年では斉藤和義のライブ映像演出、「マディウォーター」MVの監督を務めた、アニメーション監督、イラストレーターとして活動中の大川原亮。音楽はドラマ音楽をも手掛けるサキタハヂメ。 ドラマでは、津軽継実(二階堂ふみ)と出会うことで、森から町に下り、人間と触れ合い世界を知っていく怪物が、永遠の命を手に入れた120年前から現在まで、どのように孤独な日々を過ごしてきたのか…。そして、ドラマの中ではどのように語られていくのか…。 気になる中身は、ドラマ公式HP、日テレ公式Youtubeチャンネルで。