山本彩、初ソロツアーのファイナル公演が映像化
NMB48として活躍をしながらも、ソロでシンガー・ソングライターとして活動を始めた山本彩。 夢を叶えた1stソロアルバム『Rainbow』を引っさげて、名古屋、東京、札幌、大阪(4都市5公演)で敢行した初のソロツアー「山本彩 LIVE TOUR 2016 ~Rainbow~」より、地元大阪でのファイナル公演であるZepp Nambaでのライブが待望の映像化されることが発表された。 山本彩自身も作詞作曲を手がけたアルバム収録曲を中心に、JT CMソングとしておなじみの『ひといきつきながら』、NMB48の楽曲『僕らのユリイカ』『初めての星』『太宰治を読んだか?』もソロとして披露する他、アンコールでは山本彩がセンターを務めるAKB48『365日の紙飛行機』を熱唱し大好評となったライブだ。アーティストとして羽ばたき始めた山本彩に、2017年も注目が集まる。 『山本彩 LIVE TOUR 2016 ~Rainbow~』 発売日: 2017年4月28日(金) 【収録内容】 01.ヒトコト 02.レインボーローズ 03.抱きしめたいけど 04.BAD DAYS 05.彼女になりたい 06.愛のバトン 07.雪恋 08.月影 09.疑問符 10.ひといきつきながら 11.心の盾 12.スマイル 13.初めての星 14.僕らのユリイカ 15.幸せの欠片 【アンコール】 16.365日の紙飛行機 17.太宰治を読んだか? 18.メロディ 【Wアンコール】 19.レインボーローズ