欅坂46&けやき坂46 ファン待望の合同曲MV解禁
欅坂46の4thシングル全TYPE共通カップリング曲『W-KEYAKIZAKAの詩』のMVが公開された。 先週、4thシングル表題曲『不協和音』のMVが公開され、なんと公開から3日で再生回数が300万回を超えた。欅坂46の楽曲の中でも過去最速スピードで再生数が伸びていることで話題となっているが、その4thシングルの全TYPEに収録される共通のカップリング曲『W-KEYAKIZAKAの詩』のMVが遂に公開となった。 この楽曲では、初めて欅坂46とけやき坂46(ひらがなけやき)の全32名が合同で歌っている。2016年12月に有明コロシアムで開催されたワンマンライブにて初披露された楽曲だ。ファン待望の欅坂46全員楽曲であるこの楽曲のMVも公開前から期待が高まっていた。 『W-KEYAKIZAKAの詩』のMVは『サイレントマジョリティー』や『世界には愛しかない』、『大人は信じてくれない』のMVを手掛けた池田一真氏が担当。これまでの欅坂46の歴史をなぞるようなMVとなっており、欅坂46の『サイレントマジョリティー』や『二人セゾン』、けやき坂46の『誰よりも高く跳べ!』などこれまでの楽曲の振り付けが散りばめられていたり、長濱ねるの途中加入を感じさせるシーンがあったりと様々な象徴的な出来事がMVを通して追体験することができる作品に仕上がっている。 いよいよ4月5日にリリースを控え、翌日の4月6日には代々木第一体育館でデビュー1周年記念ライブを控えている彼女たち。 心温まる作品に仕上がった、欅坂46初となった全員楽曲のMVも必見である。