弘兼憲史原作の名作「ハロー張りネズミ」瑛太主演でドラマ化
TBSの2017年7月期の金曜ドラマ枠で、『ハロー張りネズミ』を放送することが決定した。 原作は「島耕作シリーズ」でお馴染みの弘兼憲史の同名マンガ。 1980~1989年にわたり講談社 「週刊ヤングマガジン」にて連載され、人情モノやサスペンスをはじめ、企業モノや超常現象に至るまで 幅広いテーマを扱い、大人気を博した不朽の名作だ。 東京都板橋区の下赤塚にひっそりと事務所を構える「あかつか探偵事務所」。誰も引き受けたがらない 面倒な案件ほどやりたがる、という一風変わった探偵「ハリネズミ」こと七瀬五郎とその仲間たちが、ときには人情味あふれる哀しい事件を、またあるときには想像を超える難事件に挑んでいく。 主人公・七瀬五郎を演じるのは、2004年放送の『オレンジデイズ』以来、実に13年ぶりにTBS ドラマに出演する瑛太。五郎はスケベで多少おせっかいなところもあるが、情に厚く、実直な男。「あかつか探偵事務所」のムードメーカー的な存在で、様々な事件に関わっていく。今作で演出を担当する大根仁と『まほろ駅前番外地』(TX)以来のタッグを組む瑛太が、どのような七瀬五郎像を見せるのか注目が集まる。 そして、ミステリアスなヒロイン・四俵蘭子を演じるのは、数々のドラマや映画をはじめ、一昨年は 舞台に初挑戦するなど、多方面で活躍する深田恭子。さらに、五郎と同じく「あかつか探偵事務所」に 所属し、五郎の良き相棒である“グレさん”こと 木暮久作役に森田剛。「あかつか探偵事務所」の所長で、昼間から酒をあおる飲兵衛だが、五郎たちを温かく見守る風かほる役に山口智子といった豪華な出演者陣が、7月期の金曜ドラマを盛り上げる。 さらに全話の演出を映画「モテキ」や「バクマン。」、ドラマ『まほろ駅前番外地』(TX)などを手がけた大根仁が担当。大根がゴールデン・プライム帯のドラマの脚本・演出を務めるのは、今作が初となる。 『ハロー張りネズミ』は“探偵ドラマ”というジャンルに属していながら、人情モノもあれば、殺人ミステリー、超常現象、ホラー、国際犯罪、歴史ミステリーまで、まさに“ジャンルレス”な展開を見せていく。 豪華出演陣と大根監督の強力タッグにより、様々な要素が相まった、まったく新しい変幻自在な探偵ドラマに期待してほしい。 ⓒTBS