指原莉乃を過去に絶賛、山本学STU48劇場支配人の秘話公開される

第一期生の最終オーディションを行い、44 名が最終審査に合格した。今までの国内AKB48グループにはない、様々な新展開が繰り広げられる予定のだが、すでに劇場支配人として発表されていたと共に、山本学氏が就任したことが発表された。

IMG_2503
山本氏は、HKT48でのアイドルとしての活動だけでなく、タレントとしても激務を日々こなしている指原をサポートする立場で 劇場支配人に就任する。山本氏は劇場支配人就任のコメントとして、「この度、 劇場支配人を務めさせて頂くことになりました山本学です。私事ではありますが、自分は愛媛県の出身なので、瀬戸内エリアに対する個人的な思い入れがあります。さらに、船上の専用劇場や、ひとつの都道府県ではなく7 つの県が集まった瀬戸内エリアをベースとした活動といった、今までには無い新しい試みに携われることを楽しみにしております。まだまだ人としても支配人としても半人前ではありますが、 劇場支配人を兼務のを運営側としてサポートするのはもちろんのこと、メンバー・スタッフそしてファンの皆様と一緒に瀬戸内に愛されるグループを作っていきたいと思います。」と公式発表。

意気込みを感じるのだが、実はこの山本氏、過去にがまだ無名だった時代にすでに「絶賛」をしていたことが、AKB48グループ総支配人の茅野しのぶ氏の書き込みで公開された。

茅野氏は自身の755でファンからの「研究生時代のさっしーを唯一見つけていたスタッフさんですよね?」との質問に、「そうだよ。秋元さん以外だと山ちゃんくらい。+10って番組をチームBが当時やっていて、研究生だったさっしーが初めて出た時かな?まぁ、とりあえず山ちゃんが『あいつ、おもろいわ。向いてるわ。喋るの』と言っていて、『へー。エレベーターホールに寒さに震えながらよくいて、気まずそうに楽屋入ってきて、よく掃除してくれてる指原さん、暗そうなのに面白いんだー』と当時の私は話したのは覚えてる(*´艸`*)」とコメント。秋元氏と共に早くから指原の才能に気づいていたスタッフだったようだ。

相性抜群と思われるこの二人、の舵取りをしっかりと行っていけそうだ。