TRUSTRICK 活動休止前のラストライヴ映像を公開
昨年11月から12月にかけて行われたツアー「TRUSTRICK TRICK TOUR 2016」をもって活動を休止したTRUSTRICKの、ツアーファイナル12月17日・中野サンプラザ公演からの19曲に加え、これまで彼らが発表してきたMUSIC CLIP全12曲も収録され、まさにパーフェクトな集大成的内容となっている。 活動休止前の最後のアルバムとなった『TRICK』収録曲を中心に、ホール公演ならではのステージセットや照明にもこだわり、時には客席後方まで駆け下りて観客と一体となったパフォーマンスや、アンコールで感極まった神田の涙ながらのMCまで余すところなく収録したライヴ映像。また歴代のMUSIC CLIPでは「お嬢様と執事」風のユニット結成当初のヴィジュアル・コンセプトが、作品ごとに変遷していく様子、特に神田の「ギター女子」(『未来形Answer』)、「ショートカットのメイド風」(『innocent promise』)等のヴィジュアル七変化も改めて楽しめる内容だ。 そして今回リリースを記念して、ライヴ映像の中から『Recall THE END』『ATLAS』『innocent promise』など代表曲のダイジェスト映像と、当日の公演ではトリプル・アンコールで歌唱された『いつかの果て』のフル映像が公開された。彼らのライヴに触れることができなかった人には是非チェックしてほしい内容だ。 TRUSTRICKとしての活動を休止中のメンバーだが、神田沙也加は現在、主役を務めるミュージカル「キューティ・ブロンド」公演と、特別映像出演となる舞台「スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE ~さよなら絶望学園~ 2017」が並行して公演中。また「スーパーダンガンロンパ 2~」では<江ノ島盾子 VS 神田沙也加>名義で公演テーマ曲『PSYCHO POP CANDY GIRL -theme of SUPER DANGANRONPA 2 THE STAGE 2017-』の作詞と歌唱も担当している。 またBillyはNARASAKI(COALTAR OF THE DEEPERS、特撮、他)がサウンドトータルプロデュースを手掛けたTVアニメ「覆面系ノイズ」の作中バンド、『in NO hurry to shout;』の楽曲にギタリストとして参加したことがアニメ公式サイトにて発表された。 今後の二人の活躍にも注目したい。