佐山彩香 愛くるしいのにセクシーな23歳の絶品ボディにため息
最新号の「週刊プレイボーイ14号」(3月18日発売・集英社)に元祖“日本一かわいい女子高生”として16歳で鮮烈デビュー、いきなり話題となり、今も変わらず愛くるしいフェイスに、むっちりボディで変わらぬ人気の佐山彩香が最新グラビアを見せている。 高校卒業のタイミングで、週プレから写真集『Virgin nude』を刊行してはや5年。10代の頃よりもさらに美しさや表現力が増した彼女を、今号のテーマであるホテルで撮り下ろし。23歳の大人の女性になって帰ってきた。黒水着で髪の毛濡らして艶っぽく窓辺でまどろんだり、ベッドでごろごろしたり、ベージュのレースでヌーディーに決めたり、手ブラに見えるような大胆なカットもあったりと、あどけさを残しつつも”オトナ”の色香漂う、絶品グラビアの数々にため息が出る。 誌面に「”人生のどん底”まで落ちたと思った、あの日…。もうどうにでもなれって、吹っ切れた。」という気になるコメント共に、天を仰ぎ涙を流す佐山の意味深ショットがある。絶頂期に”グラビア”を辞めたかった思いがあったと言い、赤裸々に語ったインタビューが「週プレNEWS」に掲載されている。涙のわけを是非確認してほしい。佐山も自身のtwitterで「色んな想いが詰まってます。みてください! 」とメッセージを贈っている。 佐山は4月25日(火)に新作DVD『近くなる二人』(エアコントロール)の発売が決定、発売記念イベントも5月13日(土)に決まった。こちらも期待してほしい。 ⓒ佐藤裕之/週刊プレイボーイ 週プレ公式!デジタルコンテンツサイト 週プレ グラジャパ!はこちらへ ニコ生中にグラドルが生着替え!?