”古グラ”なんて呼ばせない 熊田曜子&磯山さやかの色香がまさに伝説
「ロンドンハーツ」では”古グラビア”とイジられるが、グラドル界のレジェンド的存在の熊田曜子と磯山さやかが、最新号の「週刊プレイボーイ14号」(3月18日発売・集英社)でコラボグラビアを魅せ、ファンを歓喜させている。 熊田曜子の”2児の母”を感じさせないメリハリボディ、磯山さやかの根強い”ぽっちゃり”ボディは、今のなお現役。今回は、「レジェンド感」と「生感」をミックスさせたページ構成に。 ふたりともグラビア歴10年超のレジェンド。撮影現場はいつもとちょっと違う雰囲気で、いきなりカメラマンを「ヤニシ!」と呼び捨てに。もちろんこれは撮って撮られての関係を長く続けてきた3人だからこその信頼関係があっての事。お互いが撮りたいもの、見せたいものをフラットに話し合える現場は一体感があってとても素敵な現場だった。 先週特番で放送された「深夜でロンドンハーツ」(テレビ朝日)の学生が選ぶ「抱きたい女-1GP」で、有吉弘行、おぎやはぎらの下馬評を覆し2位にランクインし、思わず大粒の涙を流し号泣した磯山。現在DVDの発売55枚という記録を持つ熊田は、先月新作のDVD『ヨーコ!』(エアーコントロール)を発売したばかり、そのボディにさらに円熟味とエロスを纏い、バリバリの色香で男性諸氏を惑わす。この2人、デビューして15年以上経つが、これからもまだまだ何世代もの男性を魅了し続けるはずだ。 ⓒ矢西誠二/週刊プレイボーイ 週プレ公式!デジタルコンテンツサイト 週プレ グラジャパ!はこちらへ ニコ生中にグラドルが生着替え!?