楽曲派はチェックすべき、新世代ガールズユニット callmeの魅力
楽曲派と呼ばれる、音楽ファンの間で人気が高まりつつあるガールズ・ユニットcallme(コールミー)。リーダーのRUUNA、ダンス担当のKOUMI、作曲担当のMIMORI、さらに作詞はメンバーそれぞれが担当するという、セルフ・プロデュース力の高い新世代アイドルとして話題の20歳の3人組だ。 サウンド・プロデュースには、残響レコード所属のアレンジャーRumb(Yohey Tsukasaki)を迎えている。そんなcallmeが、3月19日(日)、ワンマン・ライブ『Ultra callme happiness』を、音響設備に定評あるヤマハ銀座スタジオにて行なった。 オープニングはダークかつ高揚感強いエレクトロ・ナンバー『Awaking』からスタート。続いて、ソウルフルかつファンクなダンスビートを堪能させてくれる『I’m alone』をプレイ。一味違う感性の鋭さは、ダンスと共鳴するジャジーなセンスを観れば伝わるはず。信頼を持てる安定感あるMCに続けて歌われたのは、3月22日(水)リリース新曲『Bring you happiness』のカップリングに収録された10分を超える組曲的なポップチューン『It’s own way』だ。 ジャンルは異なるが、まるでX JAPANの30分を超える代表曲『ART OF LIFE』を彷彿とさせるかのような、自身の紆余曲折なヒストリーを具現化する熱い10分を超えるナンバーながらも、イントロでは海外EDMポップなアイコナ・ポップやチャーリーXCXを彷彿とさせるシンセフレーズを取り入れるなど、絶妙なキャッチーさを聞かせてくれた。 続いて注目すべきは、新曲『Bring you happiness』だ。callme史上もっともハッピーでポップな展開のナンバーは、物流応援 ! パレットPR ソング(日本パレット協会公認)として生み出された。当日は、会場のセットも『Bring you happiness』のミュージック・ビデオを彷彿とさせるステージだったことにも触れておきたい。 サブスクリプション型音楽サービス、Spotify公式プレイリスト「キラキラポップ:ジャパン」でもピックアップされた、跳ねるピアノがクールに美しい『Confession』にも注目したい。 90年代を駆け抜けたオルタナティヴな伝説的なロックバンド、COALTAR OF THE DEEPERSを彷彿とさせるシューゲイザーちっくなサウンドを奏でる『Take my time』も熱い。 callmeは、異種格闘技的な対バン・イベントが似合うのではと、妄想を膨らませてくれるナンバーだ。注目すべきは、メロウにニューウェーヴなアンセム「In my dream」の登場。アップテンポなビートに刹那的なメロディーが繰り広げられるポップ・サウンドの妙。極上のポップ構築力の高さを堪能させてくれたナンバーに心を奪われる。 ラストは、オーディエンスによるハンドクラップでのビートがテンションを高めてくれるポップチューン『My affection』、そして、タオルを掲げ振り回す人気チューン「Run Run Run」によってオーディエンスを盛り上げていく。 10代半ばから活動を続け、人間力の高さが伝わってくる絶妙なるMCを挟み、3月22日(水)に発売されるカップリングに収録された『I never know tommolow』をプレイして、ワンマン公演はアンコール無くクールに終了。 楽曲派音楽ファンに注目して欲しい名曲『Confession』、『In my dream』の存在。そして新曲『Bring you happiness』のリリース(カップリングの10分組曲『It’s own way』もチェック)。新世代ガールズ・ユニットcallmeの音楽的魅力に注目して欲しい。 テキスト:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)