杉原杏璃 過去最強の生々しいグラビアが艶めかしい

3月18日に発売された「週刊プレイボーイ」(集英社)は特別号、「見よ!頂上グラドル11人の覚悟を!!」として人気グラドル11人が登場する。今をときめくグラドルたちも、本当はこんないやらしい顔をするに違いない・・・そんな妄想を「ホテル」を舞台に展開する。

WPB0403_sugihara01

自伝的小説が映画化され、自らが体当たりで主演を演じた「and…LOVE」が公開されたばかりの、グラビアクイーンが表紙&巻頭袋とじに登場。「週刊プレイボーイ」史上・・・いや、「グラビア雑誌」史上、最高にして最艶、これぞ“プログラドル”の雄姿をご覧いただきたい。

映画の舞台挨拶では「グラビアは引退する予定はありません」と嬉しい発言も飛び出し、今後も最高峰のグラビアを見せてくれることを期待するが、”現在(いま)最強のグラビア”を生々しく、限界まで見せたセクシー撮を目に焼き付けてほしい。

杉原は今回のグラビアに関して、「最近、仕事で共演させていただいた方々から『もっと生っぽいグラビアが見たい』と言われることが多かったんですね。確かに過去のDVDにしても写真集にしても、明るくポップに撮っていただくことが多かったので、今回の写真はしっとりですとか、年相応の雰囲気ですとか、いわゆる”のグラビア”とはまったく違うものに仕上がっている手ごたえがあります」と語った。

ぜひ”過去最強の”を味わっていただきたい。

週プレ公式!デジタルコンテンツサイト 週プレ グラジャパ!はこちらへ

ⓒ小塚毅之/週刊プレイボーイ