杉原杏璃初主演映画公開 グラビア引退説をあらためて否定

グラビアアイドルのが、初主演映画『・・・and LOVE』の上映初日を迎え、シネ・リブール池袋で舞台あいさつを行った。

今作は、杉原の自伝的小説の映画化で自ら主演。杉原が演じるアンが上京してからトップグラドルを目指す女の子の物語であり、多くのグラビアアイドルも出演するというこれまでになかったグラビアアイドルに焦点をあてた映画だ。

sugihara6

自分が考えた作品でヒロインを演じることが決まった時にどう思ったのかと聞かれると「漠然とですけど、文字で書いている時に、映像としていつか動くモノになったらという願いを元に書いていたので、こうやって実現することはとても嬉しいことですし、そしてヒロインというのも最初はお断りをしていたんです。本当は23・24歳くらいの一番しんどい時の物語だったりするので、そこはやはり新人のグラビアの子がいいんじゃないかとか色々な葛藤がありましたけど、自分が生み出したモノは自分できちんと仕上げるのが筋だと思ったので、今回主演をすることにしました。演技のブランクもあったので、皆さんに支えられて、何とか無事に映画が完成することができました」と胸中を明かした。

ラブシーンを演じたことについては「キスシーン自体が初めてでしたので、共演者でもある鈴木勤さんと鈴木貴之さんにリードしてもらいながらだったので、そのシーンはドキドキしながら半分楽しませてもらいました(笑)」とおどけてみせた。

グラビア活動の休止のウワサが出ているが「Yahoo!ニュースにグラビアを中断するとか引退とか報道が出ていてビックリしました。グラビアは引退する予定はありません。引き続きグラビアにも力を入れつつ、演技も頑張っていきたいと思います」と改めてグラビア続行宣言をした。