川崎あや ユースケ、ノブコブ吉村も絶賛の”あやカーブ”とは?

17日深夜放送の「『ぷっ』すま」(テレビ朝日)に”くびれスト”こと絶品スレンダーボディで人気のグラビアアイドルが出演した。

久々の「女のウソ見破りバトル」企画の中で、「ちっぱい女子見破りバトル」に登場した川崎。胸が大きく見える女子の中から”ちっぱい女子”を見ぬく。というルールだが、グラビアファンにとって、川崎は”くびれ女神”、神に選ばれしスレンダーボディを持つのは常識。さらに、川崎はtwitterでしばしば”盛り職人”として、これまた神技的に神秘の谷間を創生することが可能な”神の手”も持つ。この強敵に、エロ大王ユースケ・サンタマリア、草彅剛、スケベキャラ全開の吉村崇(平成ノブシコブシ)、さらにこの企画初の女性ゲストととして岡井千聖(℃-ute)が挑んだ。

C6znsopU4AAX3W_

まずは8メートルの距離から品定め。「こんなに公で胸見ていい日なんてない」と力が入る吉村。ユースケは頬杖をついて眺めている様子を「コテージで絶景眺めてるみたい」とツッコまれる始末。遠目で見るわけでは分からないということで、”見破りアイテム”を抽選で選び、見事小型カメラが竿の先端に付いた”ブームカメラ”で、胸元に迫る。川崎のところで、ユースケが突然「もっと下に、脚見せてー」とおなじみの暴走スイッチが入り、草彅らを困惑させる。

1回目では見破られなかった川崎。5メートルに近づく第2ステージでは、「アナタのおっぱいにあだ名を付けるとしたら」という質問に、川崎は「2日目のはんぺんです♡」と答え、一同が「???」に。「グツグツに煮込まれた2日目のはんぺんです」と主張。”見破りアイテム”は、岡井が目隠しをして、谷間をツンツン。その感触を実況してもらいヒントにするというもの。岡井は「失礼しまーす」と川崎の”ニセ巨乳”をタッチ。「なるほどね、はんぱん、はんぺん。マジでぴったり」と納得。岡井は違う女子を選び、ついに川崎はほんもの巨乳女子との一騎打ちまで持ち込む。

最後は2メートルの距離で”女豹ポーズ”を披露。ユースケの願望により一言が付け加えられ、川崎はつぶらな瞳で「ユースケ来て♡」と挑発。ユースケはもちろん観ているファンも腰砕けになったに違いない。

果たして、最後までバレないで逃げ切れるのか?、ユースケが指名したのは川崎だった。水着に着替えて登場した川崎に「俺を挑発するような感じで一回転してください」と切望するユースケに、「どこに向けてやってんすか?」と吉村がツッコむのも当然だ。ここで発揮されたのが”キュッ、キュッ、ボン”の魅惑の”あやカーブ”、スレンダーなボディライン、引き締まった絶景のくびれから、女性らしいしなやかな曲線を描き、むっちり美形のおしりへと到達するカーブを”あやカーブ”と呼び、”くびれ”だけでない、スレンダーからむっちりへのグラデーションが素晴らしい、川崎ならではの造形の事を言う。

吉村も思わず「いいお尻だなあ」と口に出るほど、ユースケも「好きなお尻、最高。やべえ俺、触ろうとしたよ」と完全に理性が崩壊するほどの絶景だったようだ。

オンエア後twitterでは「ぷっすま観たよーってありがとう♡収録終わりに沢山話しかけてくださったユースケさんと写真撮ってもらっちゃいましたっ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶」と報告。ファンも「あやちゃん これ ヤバイよー!」「大活躍でしたね」「凄く美形♡」「ん、ちとジェラ」「ユースケさん期待通りのリアクションでほんとに楽しかったですわ。川崎さんはどストライクだったんだと思いますよう。」「あやちゃん有名人♪」などなど反響が続々書き込まれていた。

あの絶品ボディを堪能したいなら、4月20日(木)に最新DVD『愛しのあやカーブ』(ラインコミュニケーションズ)が発売されるので、こちらを是非チェックしてほしい。