氷川きよし『男の絶唱』が絶好調、オリコン3位獲得に感謝の言葉
“演歌界の貴公子”こと氷川きよしが3月7日に発売した新曲『男の絶唱』が、前作『みれん心』の4.3万枚を上回り、3月20日付オリコン週間シングルランキングで総合3位(演歌・歌謡部門1位)を獲得。 オリコンTOP10入りは今作で通算29作目となり、氷川自身が持つ「シングルTOP10入り作品数」演歌・歌謡アーティスト部門の歴代1位記録を更新した。 『男の絶唱』は氷川きよし30代最後の年に相応しく、“男の決意”を朗々と歌い上げた楽曲。昨年12月に行った「氷川きよし スペシャルコンサート2016~きよしこの夜Vol.16」で初披露し、ファンの間でも話題となっていた作品。発売日前日の6日には、サラリーマンのメッカである新橋駅SL広場にて発売記念イベントを開催。氷川ファンだけでなく、帰宅途中のサラリーマンも数多く足を止め、注目を集めていた。 氷川は現在コンサートツアー真っ最中。 昨日13日に相模女子大学グリーンホールにて行われた公演では、特別ゲストとしてテレビ東京列系子供向けバラエティ番組「おはスタ」のメンバーが応援にかけつけた。特別企画として挑戦した番組のレギュラーコーナー「ドキドキOHAミッション」は、輪投げの要領で氷川がフラフープを投げ、離れた場所にいる番組のキャラクター・メレオの頭にフラフープを通すことができれば成功というもの。3回チャレンジして1度でも成功すればクリア、3回とも失敗した場合は「変顔披露」の罰ゲームがミッションだったが、不安げな氷川も2回目の挑戦で見事クリア。その後、番組テーマソング『きよしのチキチキOHAソング』をメンバーと一緒にダンスも交えて元気いっぱいに披露し、歌でも会場を盛り上げた。 今回の特別企画の様子は、3月15日(水)朝7時テーマソング5分~の「おはスタ」番組内にて放送予定となっている。 公演を終え、『男の絶唱』のオリコン3位獲得の知らせを受けた氷川は、「皆さんのおかげで、30代最後の年のいいスタートを切ることができました。これは僕1人だけでなく、ファンの皆様やスタッフの方々の支えがあってのことです。」と感謝の言葉を述べ、「感謝の思いを込めて、この曲の言葉が伝わるよう、今後も丁寧に歌っていきたいと思います。」と決意を新たにしていた。 30代最後の年という人生の節目を迎えている氷川は、現在「おはスタ」のテーマソングをはじめ、2月5日からはフジテレビ系アニメ「ドラゴンボール超」のオープニング曲を担当するなど、子供から大人まで人気の幅を広げつつある。 コンサートツアーの合間をぬって、6月には明治座1ヶ月公演「氷川きよし特別公演」も開催と、大忙しの一年となりそうだ。“演歌界の貴公子”の活躍に今後も目が離せない。