「スガフェス」に水樹奈々、SKY-HI、UNISON SQUARE GARDEN登場

5月6日(土)、がさいたまスーパーアリーナで開催する「SUGA SHIKAO 20th ANNIVERSARY『スガフェス!~20年に一度のミラクルフェス~』」の出演アーティスト第6弾が発表された。2017年のデビュー満20周年に向けて、昨年1月には周年企画第1弾として、6年ぶりのオリジナルアルバム『THE LAST』を発売、続く第2弾企画として6月1日には自身がボーカルを務めるバンドkōkuaの10年越しの1stアルバム『Progress』をリリース。10月にはアルバム『THE LAST』の全国アンコール・ツアーを終え、今年2月にはスガフェス!プレ企画「スガフェス EXTRA ~アコギ侍の宴~」を開催するなど周年イヤーを精力的に活動中の

今回出演が明らかになったのはの3アーティスト。は1部のバンドステージに、は2部のハウスバンドステージに登場する。

水樹奈々

今年開催される「スガフェス!」は毎年同場所で行われているフェス「VIVA LA ROCK」とコラボレーションをした室内型のフェス。ステージはアリーナの1ステージとなり、昼夜を通して1日中ライブが行われる。「スガフェス!」の1日は大きく2部構成となり、1部はロックなバンドのガチンコ対決、その間には音楽以外のさまざまな出し物も予定している。そして、2部はハウスバンド”kōkua”をバックに様々なジャンルのアーティストがノンストップで出演。奇跡のコラボレーションもあるかも…!これまでに、怒髪天、稲川淳二、ポルノグラフィティ、THE BACK HORN、山村 隆太(flumpool) & 高橋優、kōkua、Mr.Childrenといったラインナップが発表されている。

コメント】
「20周年おめでとうございますっっ!!スガさんとの出会いは、世田谷の某リハーサルスタジオ。10代の頃からスガさんの楽曲を聴いていた私は、まさかお会いできるなんてっっ?!と、大興奮したことを今でも鮮明に覚えております(笑)。その後、ライブに足を運んでくださったり、対談する機会をいただいたり…熱くてファンキーで、愛情深いスガさんの人柄に触れ、益々リスペクト!!今回、このライブのお誘いをスガさんから直々にお手紙でいただき、何としてもお祝いに駆けつけねば!と心が逸りました!スペシャルなステージ!全力で歌わせていただきますっっ!!」
コメント】
「おれが独立してすぐの頃、仕事もなけりゃマネージャーもいないような状態だった時、水樹さんから、ある音楽番組のセッション相手に指名してもらったことがあります。それはそれは本当に嬉しかった。テレビの仕事なんて、もうないだろうと思ってたし、しかもライブを見て感動したばかりのさんと歌えるなんて・・・あれやこれや想像を膨らまし、楽しみにしていたのです。でも結局いろいろな事情で、お話を断らざるを得なかった。・・・無念だった、本当に悔しかった。この時演奏するはずだった『幻のセッション』を、スガフェスのステージでなんとか実現させたい、そういう思いで水樹さんに手紙をしたため、出演をお願いしました。あの日の約束が、ようやく叶いますね!最高に楽しみましょう!」


「スガさんに初めてお会いしたのは確か2年半ほど前で、「うわぁ…さんだ…動いてる…」と心の中で恐縮しまくりながらご挨拶させていただいたのを覚えています。そこからご縁あって何度かお会いさせていただくうちに、スガさんの心が無邪気な音楽少年であることに気付き、感激しました。以前大阪のラジオ番組に呼んでいただいたときにスガさんがぽろっと「俺がやらなきゃ誰がやるんだって思って音楽やってる」と仰っていて、未だに深く心に残っています。スガさんに教えていただいたアレやコレを胸に、5月6日は思いっきり楽しませてもらいますね。20周年おめでとうございます!!!斎藤宏介( Vo./Gt.)」
コメント】
はとにかく曲がいい、POPとワイルドのスレスレのとこを綱渡りする感じ、そしてスリーピースとは思えない練られたアレンジ、メンバー全員の身体能力の高さ!!!スリーピースのロックバンドって、本当に憧れるよね!おれがユニゾンに声をかけた理由は一つ、一緒に演奏がしたいっ!おれが入っちゃうとスリーピースじゃなくなっちゃうけど、彼らのあのトライアングルの中で泳いでみたい!そう思ったからだ。20周年だし、そんなおれのわがままに付き合ってください!あの曲やりてーーー!!!」

コメント】
「この時代に生きた僕たちは、とても運がいい。生きづらい猥雑な毎日を踊らせるファンクが、心の機微に寄り添ってくれる歌詞が、20年間もずーっとから聴けてるのだから!スガさんのサングラスの向こうのまっすぐな目を初めて見た時に、音楽の力を感じてしまった。音楽と一緒に歩ける、そんな人間に、僕もなりたいです!20周年本当におめでとうございます!!」
コメント】
をはじめて紹介された和歌山のイベントで、おれは申し訳ないけどAAAの美男子が趣味でHIP HOPをやってるくらいにしか思ってなかった。でもの音楽を聴いて打ちのめされたよ。こいつは何もかもが本物だって、あの日、確信した。いらぬ誤解をたくさん受けてきただろう、散々痛い目もみてきたんだろう、でも、そうやって何年もかけて一枚ずつオセロを返すように仲間を増やし、いまは音楽シーンのトップ近くにまで登りつめてきた。いまこそ、このスーパーアリーナで自信を持って、を轟かせてほしい。そして、そのステージには、おれも一緒にあがるぜ。先輩としてじゃなく、ミュージシャンとして対等にな。最高のFUNKを生み出そう!」