NMB48渋谷凪咲 R-1ぐらんぷり出場後怖くなったあるもの

11日に大阪・京セラドームで開催の「誰かのためにプロジェクト」復興支援イベント。6時間にわたり、チームごとのスペシャルライブや、クイズや演劇など、芸達者の多いならではのパフォーマンスで大いに盛り上がったが、ニコニコ動画とよしもと動画配信サイトYNNとのコラボでは、8つの個性的な番組が配信され、スペシャルライブと並行して生中継された。

最後の番組となったのが、の「ヘラヘラトーク」。渋谷が「私のためにできたような番組」と言うだけあり、そのほんわかさとゆるさは他の追随を許さない。

IMG_5085

「ようこそヘラヘラトークへー」と登場した3人、全員名前の最後に”ヘラヘラ”を付けて自己紹介。普段からヘラヘラしている3人がそのまま”ヘラヘラ”トークしていく、まさにタイトル通りの番組。お好み焼きでおなじみの金属の”ヘラ”の裏側にトークテーマが書いてある。最初のテーマは「最近一番笑ったこと」。「”ヘラヘラ人”としては難しいお題ですねー」と。ずっと笑っているから特別面白い事がないと、境目が分かりにくいらしい。さらに「全員バカやからさー記憶に残らへん」とゆるゆる。「城ちゃんある?」と渋谷のフリに、「えー、なんやろ、家族がヘビ飼い始めたことかな」と割とがっつりな回答。しかし観客の微妙な空気を察知した渋谷は「ここ全然笑ってない、だいじょうぶ?」と器用に客イジリ。

「今後の日本で心配なこと」を引き当てた城。「政治の話して行こうよ」と息巻きホワイトボードに向かい、植村の答えは「人口問題」。「今高齢化社会とか言うじゃないですか?小っちゃい子が減ってるって聞くんですよ。大変じゃないですか?」と意外と真面目に討論が始まるかと思いきや、城が「私たちが頑張って”愛を育んで行かないと”、この中で愛育んでるよーっていうかた!」と観客に問い掛け、下ネタっぽい空気でヘラヘラ。渋谷は「ヘラヘラでは片付けられないので、一応アイドルなんで…」と注意喚起。「間違いました、種類」とあえなく終了と思いきや、城が「保育」と書いており、「ほらまたそっち系!?」とまたヘラヘラ。そして本命渋谷は「北極からシロクマが全滅するらしい」と書いたが、そもそも日本のことではなかった。

次のお題「最近一番怖かった出来事」では、渋谷が「R-1ぐらんぷり」と回答。3回戦まで進出したのだが、本人曰く「人生でこれでもかっていうくらいスベったんです。つるっつるに。」と振り返った。一人で舞台に立つことに対して、心は強くなったそうだが「ヨーグルトの”R-1”って見ただけで、めっちゃ怖い」ともうネタになっていた。

ラストの”ヘラヘラ”トークテーマは、よりによって「嫌いな食べ物」となり、渋谷は「書くのめんどくさい」と口で次々発表し、2人からツッコまれるが、城も植村も「ゴーヤ」と回答。渋谷も「ゴーヤ!」と合わせ、ビンゴだと歓喜し、「今の”3ヘラヘラ”」と突然ポイント制が導入されるなど、最後までアドリブの応酬で、3人の関西キャラが立った面白い番組が出来上がった。

「誰かのために」プロジェクトin京セラドーム独占生中継
視聴URL:http://live2.nicovideo.jp/watch/lv292059439