「妹にしたい14歳」人気カメラマンも絶賛の上水口姫香とは?

アイドルグループの一員として活動する上水口姫香(かみなぐちひめか)こと「姫」が、初のポートフォリオの撮影に挑戦した。

himeka_main

今回の撮影は、所属するアイドルグループ「アイドルカレッジ」の CDジャケットを手掛けるアートディレクター岡田考功が、昨年、新メンバーとして加入して来た時から、あからさまに目立つ「姫」に興味を持ったところから始まる。そこで、女性を被写体とした数々の写真集を手掛けている、カメラマンの藤代冥砂に「姫」の写真をメールで送ったところから話が進み、今回の撮影が敢行された。

撮影当日はハウススタジオから撮影がスタート。普段のアイドルでは求められない素の表情を求められ、当初は恥ずかしさ戸惑いながらも、数枚で表情に変化がおき、今までに見せたことのない透き通った表情を披露。力強い目だけでなく、幼いながらもダンスで磨いた抜群のプロポーションも披露した。

外ロケでは一転、普段着ている制服姿になると、青山を元気に跳ね回り、天真爛漫な笑顔に。衣装やシチュエーションにより変わる表情に、思わずほっとけなくなる、かわいい妹のような表情が収められた。

「初めてCDの撮影でお会いした時に、集合写真でもセンター以外考えられないくらい真ん中が似合う子でした。集団でも目立つ子なので、一人で撮ったら面白いかなと思い、冥砂さんに写真を送りました」とコメントされるほどの逸材。

【上水口姫香コメント】
「最初は緊張したけど、優しく撮影が進んだので気持ちが入りやすかったです。青い衣装の時は、目の前に姫のファンがたくさんいると思い、真っ直ぐにレンズを見つめました。制服を着たら、いつもの天真爛漫な自分になれて、姫を表現しやすかった。1人のためにこんなチームに集まって頂けて嬉しかっ たです。またすぐ撮影をやりたい!って思ってます」

【藤代冥砂コメント】
「よい意味で可能性の宝庫。指示への反応力も豊かだし、このままたくさん花を咲かせて欲しい。これからも定期的に撮影して、いずれ写真集も出したいですね」