吉岡里帆、「カルテット」衝撃シーン本当の景色を公開
俳優陣たちの好演技や、数々の刺激的なセリフ、圧巻のドラマ展開に熱狂的なファンが続出しているTBS系火曜ドラマ「カルテット」(毎週火曜・よる10時~)に出演中の女優の吉岡里帆(24)が7日、アメブロオフィシャルブログを更新した。 話題を生んだ「投げられる」シーンについて、「本当の景色。笑」とクドカンこと宮藤官九郎の写真などを公開し、ファンから反響を呼んでいる。 「あなたはまだ何も知らない」と題したアメブロには、「「カルテット」第6話にて、投げられて…第7話で私が見ていた…」と綴り、「投げられ意識を失った有朱(吉岡里帆)の写真」、「意識が戻った時に有朱が見た空の写真」をそれぞれ投稿。しかし「本当の景色。笑」と綴った吉岡里帆は、「有朱を覗き込む幹夫(宮藤官九郎)の姿」を公開し、注意書きとして「注:宮藤官九郎さんはとっても優しい、人を投げる様な人ではありません。手を怪我したハンプティダンプティ」と宮藤官九郎の本当の人柄について触れた。 ブログ最後には、佐野亜裕美プロデューサーが当初、ドラマの重要なモチーフだと話していた「人生には3つの坂があって、、、上り坂、下り坂、まさか。」を添えて、「今夜第8話でお会いしましょう。主演の4名様にキュンキュンします。最後の嘘つきは誰か。あなたはまだ何も知らない。♪そうね~人生は~まさか~♪」と、真紀(松たか子)が歌った歌とともにファンへメッセージを送った。 TBS系火曜ドラマ「カルテット」第8話は、3月7日よる10時~放送予定。