モーニング娘。’17 飯窪春菜が道重さゆみ先輩にジェラシー?

が3月8日(水)に通算63枚目となるシングル『BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー』をリリース。その発売記念イベントが池袋・サンシャインシティ噴水広場で開催された。

今年20周年を迎えるアニバーサリーイヤーのモーニング娘。、昨年12月に加賀楓、横山玲奈の13期2名が加入し、13人の新体制となった、まさに “ブランニュー”なモーニング娘。の最新シングルは、マーチングの動きを取り入れたダンスにも挑戦している『BRAND NEW MORNING』、つんく♂作詞作曲によるラップが特徴的な『ジェラシー ジェラシー』の2作品を収録した両A面となっている。

IMG_4529

3階まで超満員となった会場に、弾けるように飛び出したメンバーは『BRAND NEW MORNING』を初披露。MCでは「マルコメみそ」とコラボレーションした、モーニング娘。の歴史の1ページを飾った名曲『モーニングコーヒー』ならぬ『モーニングみそ汁』のMV撮影ウラ話で大いに盛り上がり、その『モーニングみそ汁』を初披露、さらに『ムキダシで向き合って』『ここにいるぜぇ!』とブチアゲナンバーを畳み掛け、最後に『ジェラシージェラシー』を熱唱、30分ほどのミニライブだったが、割れんばかりの大声援となった。

ライブ後の囲み取材に応えたメンバー、13期2名の加入について先ずリーダーの譜久村聖が「彼女たちのデビュー曲にもなりましたし、モーニング娘。20周年イヤー一発目のシングルなので、曲調から強気で熱い感じです。13期メンバーが加入して思ったのは、すごく覚えが早いんですよ。フォーメーションダンスにもすぐ馴染んでくれたので、かっこいい仕上がりになりました」と笑顔。新加入の加賀、横山も「13期が加入したことによって作られた曲なんじゃないかと思ってまして、しっかり丁寧に歌い上げたいと思います」と胸を張った。

10期の石田亜佑美も「横山が言った様に、この2人じゃなきゃ出来なかったと思っていて、正直、新メンバーが入ると振付けが少し単純になることが多いんですけど、今回は複雑なフォーメーションダンスに早速挑戦するということは、この2人が優秀だということです」とべた褒め。飯窪春菜も「胸を張って大型新人と言えますね」と太鼓判を押した。しかし2人の教育係の工藤遥は「加賀は私と髪型が被ってる。横山は出身が被ってる。飯窪と横山は”マンガ好き”で被る。先輩と被るということは教訓としてイケないことだと教えたいですね」としっかり指導していた。一方、生田衣梨奈は「私ずっと後輩が入るたびに”やさしい先輩キャンペーン”やってたんですけど、今回は言わなくてもデキる子たちなので、”はい!優しい先輩誰ですか?せーの!”」と問いかけると、「いくたえりなさんでーす!」と声を揃える2人だったが、メンバーにはドン引きされていた。

『ジェラシージェラシー』の曲名に因み、”今ジェラシーに感じていること”を問われると、飯窪がすっと手を上げ「道重さゆみさんが、3月19日に復帰を発表されたんですけど、私たち18日が春ツアーの初日(パシフィコ横浜公演)なんですよ。ファンの方は道重さんの方に注目してるんじゃないかなって思って、ジェラシー感じてます」と心配そう。

先日ファッション誌「LOVE berry」の単独表紙で話題を呼んだ、12期牧野真莉愛は、自分の自己紹介フレーズである「まりあん♡LOVEりんですっ!」を、13期の横山が自分より可愛くやるとジェラシーを感じているようで、実際「よこやんLOVEりんです!」と披露すると、先輩メンバーから”可愛い!!”の喝采を受け、「ほらー!」と悔しがる牧野であった。

リーダー譜久村は「モーニング娘。は結成20周年を迎えます。歴代の先輩方含め40名いるんです。いつの時代のモーニング娘。も好きと言ってくれるファンのみなさんもいるんですが、今のが一番好きだと言ってもらえるように頑張ります!」と意気込んだ。現在療養中で、このイベントも欠席となった佐藤優樹は「コンサートツアー春~THE INSPIRATION !~」から復帰となる。こちらも楽しみにお待ちいただきたい。