HYリリースパーティーに上白石萌音がサプライズ登場
沖縄出身の5人組バンドHYが、3月4日(土)にオリジナルアルバム『CHANCE』発売を記念したリリースパーティーを日本工学院専門学校 蒲田キャンパス 1号館にて開催。今話題の若手女優にして歌手の上白石萌音がサプライズゲストで登場し、スペシャル・コラボを披露した。 紅一点のメンバー 仲宗根泉(key,vo)が、地元・沖縄ローカルの番組企画でRIZAP(ライザップ)に挑戦。体重10.4キロ減&体脂肪6.5%減に成功し、その経験をもとに制作した初のダイエットソング『DEBUと言われて』や、本人が出演したRIZAPの新CMも先月末よりオンエアがスタートと、最近のHYはホットな話題をふりまいている。 そんな中、3月1日(水)に発売した通算12枚目のオリジナルアルバム『CHANCE』を記念し、ファンクラブ会員とTSUTAYA RECORDSでのアルバム『CHANCE』購入者から、抽選で500名を招待して行われた今回のリリースパーティー。 蒲田キャンパス 1号館のALCHMY STAGEに登場した5人は、序盤より『Street Story』『AM11:00』といった代表曲に加えて、おきなわマラソン公式テーマソングに起用されている『バタフライ』、制作時に初めて聞いた新里英之(vo,g)が号泣したという切ないバラード『三月の陽炎』などなど。最新作に収録の新曲も惜しみなく披露して歓声を集めた。その後も代表曲の連続で会場を盛り上げ、現在好評オンエア中のMBS/TBS系ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」主題歌『HAPPY』で本編は終了。 そして、アンコールにサプライズ・ゲストとして上白石萌音が登場した。 上白石は、初主演映画「舞妓はレディ」で第38回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞し、大ヒット映画「君の名は。」では、ヒロイン:宮水三葉役を熱演。ドラマ「ホクサイと飯さえあれば」でも初主演を務めるなど、期待の新星となるが、実は昨年末、彼女は歌手としてカバーミニアルバム『chouchou』をリリースしており、その中でHYの名曲『366日』をカバー。その縁から、HYの最新アルバム『CHANCE』収録曲『HAPPY』のミュージックビデオにも出演していたのだ。 黄色い歓声に包まれる中、両者は『366日』をコラボで披露。こうして驚きの共演で記念すべき1日を締めくくったHYだが、3月26日(日)の新木場スタジオコースト公演よりスタートする全国ツアー「HYカメールツアー!!2017」で、全国20か所をめぐっていくことが決定している。 Photo : 杉岡祐樹