「第3回カバーガール大賞」で乃木坂46がアイドルグループの頂点に、浅川梨奈は初タイトル
カバーガール大賞実行委員会(一般社団法人日本雑誌協会、株式会社富士山マガジンサービス、マガジンサミット)では、3月4日「雑誌の日」を記念し「第3回 カバーガール大賞」を発表した。 「カバーガール大賞」とはオンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌を中心に約10000誌を調査。表紙を飾った回数が多かった女性を選定、一部ディープランニングを利用した顔の識別を行い集計している。 3回目となる今回は、2016年(1月~12月31日)に発売された雑誌・電子雑誌のなかから、大賞の他、エンタメ・コミック・グラビア・ファッションの各部門賞と10代~30代の各年代でトップを飾ったタレントの他に、読者やファン、メディアを「ざわつかせた」表紙とカバーガールを讃えて、カバーガール大賞実行委員会が選ぶ「話題賞」を新設した。 各受賞者は以下。 【カバーガール大賞】 高畑充希 ▼各部門別受賞者 【エンタメ部門】 西野七瀬(乃木坂46) 【コミック部門】 浅川梨奈(SUPER☆GIRLS) 【ファッション部門】 石原さとみ 【グラビア部門】 石川恋 【話題賞】 週刊プレイボーイ(43号)/ 二階堂ふみ ▼年代別受賞者 【10代部門】 広瀬すず 【20代部門】 高畑充希 【30代部門】 綾瀬はるか ▼トップ10 1位 高畑充希、2位 有村架純、3位 石原さとみ、4位 西野七瀬(乃木坂46) 、5位 桐谷美玲、6位 広瀬すず、7位 平手友梨奈(欅坂46)、8位 綾瀬はるか、9位 石川恋、10位 白石麻衣(乃木坂46) 今回、2016年で最も雑誌の表紙を飾ったのは高畑充希となった。高畑は昨年NHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で大ブレイク、「週刊少年マガジン」(講談社)から「婦人公論」(中央公論新社)まで、年代に関係なく各ジャンルの雑誌の表紙に幅広く登場し、まさに2016年の顔となった。 アイドルにおいては、乃木坂46が大躍進し、トップ10には白石麻衣と西野七瀬がランクイン。さらに、同じく姉妹グループの欅坂46の平手友梨奈も7位にランクイン。 乃木坂46は、ファイナリストのなかに白石麻衣、西野七瀬、そして齋藤飛鳥が登場。総合4位、エンタメ部門で見事NO.1を勝ち取った西野七瀬がトップとなった。 西野は、乃木坂46メンバーとして表紙を飾る他に「non-no」(集英社)の専属モデルとしても活躍。コスメ・ファッション誌、エンタメ誌のカバーガールを単体で幅広く務めた。3月22日に発売する乃木坂46 の17thシングル『インフルエンサー』では、白石とWセンターに。また、映画化された『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の漫画「あさひなぐ」では、ヒロインの東島旭を演じることが決定しており、2017年も注目の存在となりそうだ。 さらに一番のサプライズがSUPER☆GIRLSの浅川梨奈。「コミック部門賞」にて並み居る強豪を抑えて見事受賞となった。浅川は2015年8月24日発売の『週刊ヤングマガジン』(講談社)で、ヤンマガ史上初、初登場で表紙と巻頭&巻末グラビアを飾ったことが話題になり、「1000年に一度の童顔巨乳」が可愛すぎる!と評判になっていた。