SKE48須田亜香里にクリーム砲炸裂 そのままラストソングでハチャメチャ
3月 2日(木)、AKB48の8thアルバム『サムネイル』Type B(1月25日発売)の発売記念イベントが東京・豊洲 PITにて開催(前日 3月1日も開催し、2日間のイベント)。本イベントはアルバム購入者対象の応募抽選となり、3000人を動員。3月1日は Type A収録曲を、3月2日はType B収録曲を全て披露するというイベントだ。 昨日に引き続き、ステージは大量の桜で彩られ、メンバーたちはお花見をしているという演出でイベントが開始。発売記念イベントということで、通常のコンサートとは趣向を変え、MCタイミングではゆったりとした雰囲気で、自由にお花見料理を食べたり、用意された食材を調理したり、思い思いに過ごすメンバー。様々な食材を前に、MCの流れは自然とメンバーの料理対決に。須田亜香里の餃子、高柳明音のタコのマリネ、山本彩のたこ焼き、高橋朱里のパンケーキなど、レベルの高い料理の数々に試食したメンバーも大絶賛。 和気あいあいと和やかなステージ上に、進行を務めた DJジリーことイジリー岡田が登場し、次なる企画「クイズ対決」を発表。不正解者は何と、生クリーム砲が顔面を直撃すると言う内容で、メンバー同士の投票の結果、須田亜香里、横山由依の2名での対決に決定。問題は、AKB48の楽曲を同時に3曲流し、全曲を当てるというもの。『君はメロディー』、『光と影の日々』、『LOVE TRIP』を当てた横山由依が勝利し、須田亜香里の顔にクリーム砲が炸裂。そのままラストソング『ハイテンション』のイントロが流れ歌が始まるハチャメチャな展開に会場内も大爆笑。 歌唱楽曲は『唇にBe My Baby』や『君はメロディー』、『365日の紙飛行機』などの大ヒットソングの他にも、『バケット』、『ランナーズハイ』などの、アルバム『サムネイル』Type B収録のユニット曲も披露。 普段のコンサートとは違った演出やクイズコーナーに普段見ることのできないメンバー料理姿など、狭き門をくぐり抜けた当選者の満足度もかなり高いイベントとなった。 ⓒAKS