SILENT SIREN、フジモンと奇跡のコラボ、藤本は嫁の前で緊張

大人気ガールズバンドSILENT SIRENが移籍第一弾シングル『フジヤマディスコ』のリリースを記念したイベントを渋谷クラブクアトロで開催した。

DSC_2220

第二章の幕開けとなるこのイベントには、抽選で選ばれたファン200名が参加できる超プレミアムなものとなった。ステージでは移籍第一弾シングル『フジヤマディスコ』から新曲をライブ披露。スペシャルゲストとして、日本で一番有名な「フジ」がつく芸人として藤本敏史(FUJIWARA)が応援に駆けつけた。『Love Balloon』、初披露となる『Pandora』などを披露。そして、フジモンとのコラボで『フジヤマディスコ』ならぬ『フジモンディスコ』で奇跡のコラボを。会場はこのスペシャルコラボに爆笑混じりの大歓声で応えた。

しかもこのイベント、妻である木下優樹菜と娘も見ていたようで「緊張しています」という藤本。メンバーから「奥様に一言」と振られると全力で「ミキティー!!!!」と後輩のネタをしっかりパクリ爆笑をとった。

すぅは「私、プラチナム(所属事務所)にスカウトされた時に怪しい事務所だなと思ったんです。でも、木下優樹菜さんがいたから事務所に入ろうと思ったんです」とエピソードを披露した。

イベント終了後の記者会見では、藤本も急遽参加。

藤本はこの日の盛り上がりに気を良くしたようで「僕からの提案なんですけど、フジモンディスコとして発売をすることをお願いできますか」と無茶ぶり。今日が初対面だという二人だが、実は藤本と木下の結婚式に参加していたメンバーもいるとかで「あーあの時の子かああ」とわざとらしく再開を喜んだ。

また、藤本の代表的なギャグをメンバーのゆかるんが挑戦。隣りにいたゆかるんは「なんだかすごく近くで話しているように感じる」「3Dみたいに感じる」とネタふりすると「顔が近いからや!眼鏡もなしに3Dってどういうことや」としっかりとツッコミを受けることに成功した。

最後、すぅが目標を聞かれ「ガールズバンド界の、いやバンド界のてっぺんを目指していきたい」と力強いコメントを発表した。