指原莉乃、押切もえのマルチな才能に悲痛な叫び
フットボールアワー後藤輝基、チュートリアル徳井義実、SHELLYと指原莉乃が放送するトークバラエティ「今夜くらべてみました」(日本テレビ)。2月28日の放送では「絵を描く女」として平野ノラ、押切もえ、ベックが登場した。過去には一日三回の合コンをしていたというバブリーだった平野ノラ。過去にお笑い芸人になりたくオーディションを受けたがうまく行かずにいた頃に時間があまり、画に没頭していったんだとか。 押切もえはモデルとしても活躍、小説も書け、絵も二科展に入選とマルチな才能を見せつける。指原は「じゃあ、なにができないんだよ~」と叫んでしまうほど。「不器用の集大成です」と謙遜する押切だが指原は「嘘だ、絶対自分のことスゴイと思っている」と悲しい顔で悲痛な叫び。また、自宅紹介の写真でも一日で撮影をしたというが、服や髪型も変え撮影していることに気づいた指原とSHELLYは驚きを隠せない様子。 ベックは現役の美術大学の大学院に通っている本格派。他の二人よりも独創的な作品を紹介した。 指原も実際に「走っている人」をスタジオで即興で書いたが、女の子らしい可愛いイラストにゲストも絶賛。後藤も意外な絵の才能を見せるが、徳井、SHELLYはいわゆる絵心がない絵で笑いを誘う。しかもSHELLYは字までヘタでネットでもざわついているという。