LinQ舞川あや、ファン前でのラストイベントで涙
九州発のアイドルグループ・LinQが22日に発売したニューシングル『負けないぞ』が26日付オリコンデイリーチャートで2位、27日付ウイークリーチャートで8位を記録したことがわかった。 あわせて21日から実施されたリリースイベント、その最終日の26日はメンバーが埼玉・愛知・福岡の3ヵ所に分かれ、ファンと共に日本各地でイベントを盛り上げた。 中でも福岡では、地元のサッカークラブ・アビスパ福岡の開幕戦に登場。試合前では『負けないぞ』、そしてハーフタイムショーでは優勝を目指すという思いを込めて『V to Road』を熱唱、1年でのJ1復帰を目指す地元チームの再出発を後押しした。 またその後はメンバーの天野なつと高木悠未が出演するラジオ番組の公開生放送に出演。その後ミニライブも行い、週末の福岡の街を大いに盛り上げた。 なお今回のリリースイベントは、3月での卒業を発表している杉本ゆさ、志良ふう子、舞川あやにとって最後のイベント。特にこれがファンの前では最後の姿となった舞川あやは曲中に涙ぐむなど、感動のラストステージとなった。 同曲はどんな困難にも負けないという姿勢と願いが込められたメッセージソングとなっている。 またLinQは「再開発プロジェクト」と題した新体制への移行のまっただ中。その模様が毎週動画で公開されており、5月5日の福岡市民会館と5月27日の中野サンプラザ公演の成功を目指して奮闘するメンバーとスタッフの姿が描かれている。 <杉本ゆさ コメント> 私の最後のリリイベは、東京、関西、福岡と周らせて頂きました。会いにきて下さった皆さん、本当にありがとうございました。 1年ぶりの全員シングルとゆうこともあり、チーム一丸となって挑んで、沢山の皆さんに応援して頂き、最高の1週間を過ごすことができました。今、大きな壁に向かって進んでるLinQにとってもとても想いが強い曲ですし、これから新しい道に進む私も「負けないぞ」って気持ちで頑張ろう!って喝を入れさせてもらいました。 この素敵なLinQの思い出をずっとずっと忘れることはありません。本当に皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。 <志良ふう子 コメント> 今回は『LinQを少しでも多くの人に知ってもらう』という気持ちで挑みました。リリースイベントではどの会場でもLinQを快く迎えて頂いたので、会場にいる全ての方々と私たちで最高の時間をつくろうという思いを持ってライブをしました。普段はみなさんに対して歌をお届けするという気持ちで歌っていますが、ニューシングル『負けないぞ』を披露する際は歌詞の一言一句全てを自分自身に言い聞かせて歌いました。 手に取ってくださった皆さんは是非、自分自身の思いに変えて聴いてみてくださいね。最後に相応しい楽曲が皆さんの前で歌えて幸せです。 今までのリリースでCDを手に取って頂いたみなさん、イベントに足を運んでくださったみなさん、本当にありがとうございました。 <舞川あや コメント>LinQとしての最後のリリースイベント、3日間だけでしたが、たくさんの方々のLinQ愛を見る事ができて嬉しかったです。 最終日、これが本当に最後なんだ…という実感がやっと湧いてきて、メンバーやファンの皆様の笑顔や、涙を見ていたら、胸がいっぱいになりました。同時に約4年半の思い出がたくさん蘇ってきました。本当にたくさんの方々に支えられながら、今までやってこれて感謝しています。 今まで応援ありがとうございました。