TRUSTRICK 活動休止直前ラストライブが映像化
昨年11月から12月にかけて行われたツアー「TRUSTRICK TRICK TOUR 2016」をもって惜しまれつつも活動を休止したTRUSTRICKの、活動休止前ラスト・ライヴとなった12月17日・中野サンプラザ公演の模様が3月22日(水)映像化リリースされることが明らかになった。 収録内容は『Recall THE END』『未来形Answer』などのタイアップ曲をはじめとした最新アルバム『TRICK』収録曲をメインに、初期の代表曲「ATLAS」「いつかの果て」など、トリプル・アンコールを含む当日のセットリストをほぼ網羅した19曲に加え、仙台・名古屋・福岡・大阪のTRICK TOUR各地方日替わりで披露された楽曲などもボーナス映像としてダイジェスト収録されるとのこと。各公演に参加したファンも、できなかった人にとっても見どころの多い充実した内容になりそうだ。 また本作にはTRICK TOURのライヴ映像以外にも、これまでTRUSTRICKが発表してきたMUSIC CLIPが全12曲、初めて発表順にまとまった形で収録される。全曲、メンバーの神田とBillyによるオーディオ・コメンタリー付き。しかもTRICK TOUR終了後に改めて二人がデビュー以降のTRUSTRICKの歴史を振り返りながら収録したコメンタリーということで、ファンにとっては非常に貴重かつ感慨深い内容になっているといえるだろう。 約2年半の活動に一旦の休止符を打ったTRUSTRICK。今後はメンバー個々の活動をメインに行っていくことが発表されているが、今回の約3時間半に及ぶ映像作品はユニット復活を願うファンにとってまたとない贈り物になるに違いない。その日が来ることを期待しつつ、まずはメンバー個々の活動に今後とも注目していきたい。