内田真礼が1万3000人ワンマンライブで可愛すぎる和装も披露
今最も勢いのある声優アーティストの一人として注目される内田真礼が、2月25日、26日の二日間に渡って、代々木第一体育館で開催した2nd ワンマンライブ「Smiling Spiral」で、約1万3000人のファンに笑顔と圧巻のライブパフォーマンスを披露した。 「内田真礼2nd LIVE Smiling Spiral!」という本人のナレーションからライブはスタート。『Shiny drive,Moony dive』のイントロが掛かると、赤いアメ車に乗ってステージ中央から内田真礼が登場。3曲ほとんどノンストップで歌い上げると、最初のMCで内田真礼は「男の子—!女の子—!」とコール&レスポンスで会場を沸かせた。その後も、トロッコに乗っての歌唱や、レーザー照明やダンサーとの息の合わせたダンスパフォーマンスはまさに圧巻で、特にダンスに合わせてリアルタイムに炎のエフェクトが変化する映像演出には、会場のファンもペンライトを一面真っ赤に光らせて応えた。 ライブ中盤には超巨大な和太鼓がステージに登場。鼓や小太鼓も加わり、力強い太鼓の音が代々木第一体育館の会場に轟くと、芸者を左右に従えた内田真礼が和装で登場。続く『モラトリアムダンスフロア』『からっぽカプセル』では、バンドサウンドと太鼓がコラボレーションしてのパフォーマンスを披露。続く『クロスファイア』では客席に向かってボールをバッティングする演出も入り、ファンは楽しそうにボールを打ち込む内田真礼の姿に笑顔で声援を送った。 終盤に歌われた『ギミー!レボリューション』では、「グラフィック・ポイ」を使用した演出が登場。空中に映し出される『MAAYA』『Smiling Spiral』が映し出されると、会場内は驚きの声と歓声があがり、ボルテージは最高潮に達した。 本編を終えると会場からアンコールを求める声が響き渡った。すると、ライブTシャツに着替えた内田真礼が登場し、「本当に私は幸せです!」と、ファンへの感謝の想いを語った。その後、5thシングルの制作が決定したことをファンに報告。新曲の作詞・作曲はZAQ。さらに2日目にはカップリング曲のフィーチャリングに声優・上坂すみれが参加することを発表し、会場を沸かせると、そのままの勢いで『Hello,future contact!』を歌い切り、ステージを再び後にした。 しかし、その後もファンからの「もう一回!」というコールが会場を揺らしつづけ、Wアンコールとして三度ステージに登場。「皆さんのことを心の底から愛しています!本当に終わりたくない!」と叫ぶと、最後にライブタイトルにもなっている『Smiling Spiral』を再度披露。最後まで会場を熱狂させつづけ、圧巻のライブは幕を閉じた。