羽多野渉、ツアーで「ユーリ!!! on ICE」エンディングテーマをファンも合唱
2月26日(日)、柏PALOOZAにて、「Wataru Hatano Live Tour 2017“LIVE CARAVAN」がスタートした。 このツアーは、羽多野渉のアーティストデビュー5周年を記念した「羽多野渉5th Anniversaryプロジェクト」の1つ。千葉、愛知、大阪、東京にて、全8公演が予定されており、千葉はその最初の公演となる。 5th Anniversaryミニアルバム『キャラバンはフィリアを奏でる』を引っ提げ、「旅」をテーマに、新曲の初歌唱やダンスパフォーマンス、そして「フィリア」をテーマにしたトークコーナーなど、盛りだくさんの内容で、ツアーの幕開けにふさわしいライブとなった。 「旅」を思わせる飛行機のSEからライブはスタート。旅行トランク型のスクリーンに、映像が映し出され、TVアニメ「ユーリ!!! on ICE」エンディングテーマである『You Only Live Once』のイントロが流れ始めると、会場からは早くも「You Only Live Once」のフレーズの合唱が響いた。そして、ライブのロゴが映し出されると、ダンサーの間から羽多野が登場した。 ライブ前半は、羽多野お得意のトークをあえて封印し、「旅」のイメージを、歌と朗読、映像、そしてダンサーによるパフォーマンスで表現した。ミニアルバム『キャラバンはフィリアを奏でる』収録曲の他、『流星飛行』『覚醒のAir』など、過去のシングル、アルバムの楽曲も次々と披露された。そんな中でも『明日の篝火』で客席から大きな合いの手を入れたり、『Rolling life』でステージと客席で一体となってタオルを振ったりと、客席が参加する楽曲も多く披露され多いに盛り上がった。 今回の公演では、会場ごとに異なるキャラクターソングを歌うということで、千葉・夜の部は劇場版が決まった「Dance with Devils」より、立華リンドのキャラクターソング『アンバランスに愛して』。作品のイベント時、役者陣も劇場の決定が嬉しかったあまり、「楽屋のテンションが楽屋じゃないぐらい高かった」というエピソードも。 その後の『Never be too late』。ファンと一緒に踊りたいと言うことで、サビの振りを、羽多野とダンサーからレクチャー。ステージと客席が一体となったダンスで盛り上がった。ミュージックビデオの撮影時、事務所の後輩たちがエキストラとして、急なお願いだったにも関わらず、大勢参加してくれたという話も。なお、『Never be too late』のミュージックビデオは、3月31日発売「Wataru Hatano Music Clip 2011-2016」に初収録される。 そして、アンコール前、本編のラストはTVアニメ「ユーリ!!! on ICE」のエンディングテーマのアレンジバージョンである『You Only Live Once-everlasting-』。同アニメのオーディションを受けた際、いくつかの役を受けた中で、ポポーヴィッチは、テスト1回で終了したため落ちたと思っていたのに、まさかの合格だったというエピソードも披露した。 アンコールはキャンプファイアーのように、いろいろな思い出を振り返っていきたいということで、羽多野のライブでは恒例となったファンからのお便りを読んでのトークコーナーへ。ファンの「飼っているネコにフィリアを伝えたい」と言うお便りに、自身の愛猫「ムギ」と、時間が合うときは一緒にご飯を食べるようにしているというエピソードも飛び出した。 ライブの最後は、こちらも羽多野のライブでは恒例となった、デビューシングル『はじまりの日に』をファンと一緒に合唱。羽多野からの「次は名古屋で会いましょう!」と言うメッセージでライブは幕をとじた。次回は3月5日(日) 愛知・名古屋BOTTOMLINEでの公演が予定されている。 Wataru Hatano Live Tour 2017“LIVE CARAVAN”開催中!チケット好評発売中! 3月5日(日)  愛知 名古屋BOTTOMLINE 3月19日(日) 大阪 UMEDA CLUB QUATTRO 3月26日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI 羽多野 渉初のミュージッククリップ集「Wataru Hatano Music Clip 2011-2016」3月31日発売!