アプガ(2)早くも武道館宣言、アプガ越えを目指す
アップアップガールズ(仮)が、2 月 25 日、東京・AKIBA カルチャーズ劇場にて定期公演を開催。3 公演目の「アップアップガールズ(仮)定期公演 119  回 〜アップアップガールズ(2)途中報告会〜」にて、アップアップガールズ(2)(あっぷあっぷがーるずかっこにき)の合格者が発表された。 アップアップガールズ(2)(以降、アプガ(2))は、昨年11月8日に行われた「アップアップガールズ(仮) 日本武道館超 決戦 vol.1」にて募集が発表され、同日にオーディションが開始。応募資格は、12 歳から 23 歳の女性。「夢を諦められない人は参加資格が無くても応募は可」という応募要項のもと、集まった約750名の中から4名が選ばれた。ア プガ(2)は、アプガの妹グループとして活動していくことも決定した。 公演は、アップアップガールズ(仮)(以降アプガ)のキラーチューン『アッパーカット!』を、メンバーが全力でパフォーマンスしライブがスタートした。続けて、スリリングな攻め曲『サバイバルガールズ』を披露。この2曲は、アプガ(2)の最終審査の課題曲となったナンバーだ。 今回、見事アプガ(2)の座を獲得したのは、高萩千夏、橋村理子、鍛冶島彩、吉川茉優の4名。ステージに登場した彼女たちはそれぞれ合格した現在の思いとを語った。福島県出身の高萩千夏(19 歳)は、「今は、緊張で胃袋が飛び出そうですけど、でも、ここに立つことを想像してがんばってきたので、それが実現できてすごく幸せです。これからは、涙を流しながらしごかれていくと思うんですけど、ここまで来 たからには、みなさんに千夏スマイルを届けていこうと思います!」と元気に挨拶。 東京都出身の橋村理子(17 歳)は、「ステージからこの光景を見るために、がんばって来たので、今日はうれしい気持ちでいっぱいです。私は、メンバーさん、2 期の中でも年下なので、みなさんにたくさん甘えてしまうところがあると思うんで すけど、自分の力でどんどん上に昇りつめていきたいです」とフレッシュでいて力強く語った。 千葉県出身の鍛冶島彩(17 歳)は、「私が合格してびっくりした人がたくさんいると思います。でも一番びっくりしたのは私 でございます」と緊張気味に挨拶。続けて、「受かった方の中でも、実力も劣ってるほうなので、もっともっと追いつけ追いつけで…追いつけ追い越せで、自分を高めていかなきゃいけないと思ってます。目指すところがもっと上に向けるように、 まずはまずは精神でがんばります」と、ナチュラルなボケっぷりな語りに会場は笑いの渦。 そして、秋田県出身の吉川茉優(18 歳)は、「私は、今日合格だと知りました。ほんとに今ここでようやく合格したことを実感しています。このオーディション中に、ほんとにたくさんの方に応援していただきました。みなさんの期待に応えられるように、精いっぱいがんばっていきます」と力強く語る 司会を務める上々軍団、鈴木啓太から、「社長が言ってましたが、今、2 期はアプガの妹分グループとしてやっていきますが、いずれは(仮)のみんなが(2)になる可能性もあるし、逆に(2)のみんなが(仮)になる可能性もあります」と 衝撃の発表。これにはアプガメンバーも驚きの表情を見せる。さらに鈴木は、「アプガの4月からの全国ツアーに、どこ かでアプガ(2)が登場します」と、アプガ(2)の早期実践投入の可能性を示唆した。 アプガ(2)オーディションのナビゲーターを務めた、森咲樹は「アプガはサプライズがつきものですし、やっぱりアプガのカンパニーに入ったからには、腹をくくってもらわなきゃと思います。正直、大変なことの方が多いのよぉ」と 2 期メンバーにアプガのハードさを諭す。続けて森は、「でも私たちも、気を抜いてはいられないなって。 6 年間この 7 人のメンバ ーでやってきたけど、もしかしたらうちらが( 2)になっちゃう可能性もあるかもしれないので。なので、お互い切磋琢磨して、私たちも後輩に負けないようにがんばりたいと思います。 これからアプガ(仮)、アプガ(2)の応援をみなさんよろしく お願いします」と、全 11 人となって前進していくアプガ・プロジェクトの思いを口にした。 そして森が、「そんな私たちの進化と変化の意味を込めて、次の曲を歌いたいです」と述べると、最前列で2期メンバー が見学する中、メンバー7 人で、エレクトロニックなダンスチューン新曲の『FLASH』を渾身のパワーでパフォーマンス。 弾けるように『!!!!!!!!』を歌ったあとは、佐藤綾乃が、「ここに集まってくれたみなさんと、(2)メンバーと、みんなでもっともっとひとつになれるように、この曲を歌います」と語り、『君という仮説』が披露された。会場全体が一体感に包まれ、アプガの新たな一歩の始まりを告げるライブは幕を閉じた また、本公演前に行われた記者会見で、2 期メンバーの鍛冶島は、「2 期の4人は面白い子ばかりなんです。(仮)さんに、もっと負けないようにもっと個性を出していきたいです」吉川は、「アプガさんよりも、私たち2期で早く武道館に立ちたいです。3年で行きたいです」と、闘志みなぎるコメントを語る場面も見られた。